塩つけめん大盛(780円)@川崎・らーめん勇

2018-02-24
川崎でランチ。
なんとなく塩系のつけ麺が食べたい気分だったので、ちと調べて「」さん初訪問。

平日11:50到着。前客3、後客4。
券売機にて、ランチタイムと木曜夜のみ提供されるという「塩つけ」をポチ。
ちなみにこちらの店主さんはせたが屋出身で、メインは二郎系の醤油豚骨ラーメンとのこと。まぁそれは後々いただきましょうか。

カウンター席へ着席し、食券を提出するタイミングで大盛でお願いします。
待つこと7分ほどで着丼。

YUU

麺は全粒粉練りこみっぽい色合いの太縮れ麺。上に白ネギ。
スープは淡いベージュで、かなり厚めの液体油層で覆われています。

YUU

ではまずは麺から。
加水は低めでモゴモゴしており、噛むと「切れる」というより「砕ける」感じでゲシッと粉々になる食感。丸山製麺製。
こういう麺、たまに合うんだけどあまり好みじゃないかなぁ。。。加水が低いからか、表面がどんどん乾いてきて麺同士が引っ付いてきます。
麺自体の風味もそれほど強くなく、これあまりつけ麺用って感じの麺じゃないかも?(おそらく、J系メニューで使われているものだと思われる)
麺量はたっぷり350gくらいはあったかな?丼が深いので底上げかと思いましたがしっかり底まで麺が入っててうれしいw

YUU

つけ汁は動物系清湯ベースに節を強めに効かせた、ちょっと燻製香的なものが香るタイプ。
調味料としてはキレのある塩ダレの他に、一味とお酢で軽く辛味と酸味を付加してあり、さらに黒胡椒でエッジを立てている感じかな。
このままではシャバ系つけ汁が麺と絡まないからか、かなりたっぷりめのラードがスープ表面に。この油、冷めると膜を張り、口につくとペカペカになるやつ。

YUU

うーん、悪くはないんだけど、世の塩つけの名店の完成度に比べちゃうとちょっとバランスがいまいちかな?
お酢を一回し、卓上黒胡椒をたっぷり入れてちょい刺激的にしていただきましょう。

YUU

しかしこの雰囲気、なんかどこかで食べたことがあるような記憶が。。。あっ、今は亡き武蔵小山「なわて」の塩つけだ!
あちらも「せたが屋DNA」のお店だから、血は争えないよねって感じでしょうか。ただあっちのほうが好みだったけどw

YUU

チャーシューはロース煮豚を角切りにしたものが2つ。ちょい固めですが、軽く炙られており香ばしさがいい感じ。
メンマは薄切りのものが5、6枚。味わいは控えめでスープに身を託す感じですね。
ネギはカットが荒く、そのジャキジャキの食感と辛味がちょっと邪魔な感じでしたが、全部つけ汁に沈めることで食べやすくなりました。

YUU

サクッと固形物完食。魚介風味のスープ割でほっこりしてごちそうさま。
この塩つけ、たぶんお店のイチオシメニューではない気がするので。。次回はJ系の醤油とんこつにしてみることにしましょう。

--

らーめん勇


関連ランキング:ラーメン | 八丁畷駅川崎駅京急川崎駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2945-3c574a7b

<< topページへこのページの先頭へ >>