FC2ブログ

黒豚油そば・大盛(800円)@曙橋・油そば専門店GACHI

2018-02-12
曙橋での飲み会の後、フラリと離脱し麺活。
このあたりもいろいろと魅力的なお店が多いですが、今日は汁なしな気分。
そういえば先週、此方の店主である庄野さんにスポットを当てた濃いぃ1時間番組を見たのを思い出し、久々に「庄の」グループの油そば専門店「GACHI」を訪問。

休日20:30到着。店内は8割ほどの入り。
オープン当初に訪問して以来ですが、昔ラボや製麺スペースとして使われていたスペースも客席になり、テーブル席が多数増設。学生客多いですね!
あら?昔は「イベリコ油そば」ってメニューだったような気がしますが、黒豚油そばになったんですね。
食券機で黒豚油そばの食券をポチ。大盛無料とのことなので当然お願いします。

GACHI

テーブル席でしばし待ったところで油そば着丼。
ほぉ。。武蔵野系のクラシカルな油そばを今風にアレンジしたような雰囲気。
丼の底にはタレ+油が。麺の上にはチャーシュー、ネギ、海苔、メンマ、ナルト、カイワレと潔くシンプルなレイアウト。

GACHI

まずは麺を引き出し一口。
デュラムセモリナ使用の麺は、角断面太ストレートで、ややねじれた形状。

GACHI

加水はやや高めでプリっとした噛み心地。
しっかり重量感もあり、なかなか食べ応えのある麺です。麺味もしっかりしておりこの麺好み!

GACHI

で、麺に予め絡められたタレはいい醤油の香りがするもので、和歌山「角長」の生醤油を使っているんだそう。
グリン、と下から混ぜた時、アツアツの麺にコーティングされたタレの香りが立ち上がる瞬間が、油そば一番の醍醐味ですよね。

GACHI

麺+タレ+油のみで楽しむ油そばは、この3者のバランスが全てなのですが、個人的には麺の強さに対しタレ、油の主張がやや弱めに感じたかな?タレと油の味わいにもっと深みがあればさらに印象が良くなるような気がしました。
特に課題は油かな?敢えて植物性の油を使っているようですが、個人的にはこれをラードや鶏油にして、上がってくる香りを強めたいかな。

卓上にはニンニクチップ、おろしニンニク、揚げそば、お酢、ラー油、食べラー、魚粉、唐辛子、白ゴマ等味変アイテムが豊富。これらを活用して、自分仕様の一杯を作ってください、ということですな。

GACHI

チャーシューは豚ロースの低温調理の薄切りが2枚。なんとなく生ハムのような感じで、ちょっとリッチ感ありますね。
かなり攻めた温度管理をしているようで、鮮やかなピンク色が華やか。攻め過ぎると半生でグニグニになっちゃうことになりかねない際どい温度設定かと思いますが、そこらへんはさすがにプロの仕事。見事です。
ただ個人的には、普通の煮豚を短冊に切ったやつも合うかな、と(;´Д`)

GACHI

メンマはコリコリ系。ネギや海苔等の薬味は無難に機能。
まぁ、前述の通り「麺とタレと油」を楽しむ料理なので、あまり脇役は出しゃばらなくて全然OK。

大盛は300g程度かな?さすがに後半やや飽きが来ましたが、サクッといただきごちそうさま。
うん、現代版の食材と技術で組み立てられた、とても素性のよい武蔵野系油そばの再構築、という印象ですね。
最近汁なし界では汁なし担々や台湾まぜそば的なやつが流行ですが、そこで敢えて武蔵野系、というチョイスは渋くて好きかな。
ただ、やっぱり料理としてシンプルなので、(味変アイテムに逃げるのとは違う方法で)素のポテンシャルを上げると、より引力が強くなるのかなぁ、と思いました。

限定もちょくちょくやっているようなので、次回は限定を狙いに来てみましょう。

--

GACHI


関連ランキング:油そば | 曙橋駅四谷三丁目駅牛込柳町駅


関連記事
コメント:
一度お邪魔しましたが
当時とちょっと印象が変わったように感じましたので
再訪して検証してみたいです!
[2018/02/16 12:58] | Y! #- | [edit]
>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうですね、オープン当初とはチャーシューがかなり変わったかな?
あと、豚もイベリコから黒豚に変わったとのこと。

あ、そうそう、製麺室をつぶして客席になったので並びが減り、訪問のハードルが下がってますのでぜひ。
[2018/02/19 22:36] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2931-39c9c1ad

<< topページへこのページの先頭へ >>