FC2ブログ

肉盛りつけ蕎麦・大盛(880円)@池袋・馳走麺 狸穴

2018-01-18
今日の晩飯は池袋で。
久々に鶏の穴の限定でも食べに行ってみようとお店へ向うも、珍しく臨休orz
うーん、そしたら滝野川大勝軒だな、と店へ向かう途中。。あれ?いつも店外行列というイメージだった狸穴がガラガラです。

ということで、久々にあの港屋インスパイアが食いたくなり入店。
こちらのお店、いわゆる豚魚系の濃厚つけそばが有名なお店で、実際それを食べている客ばかりなのですが、なぜか港屋@愛宕をインスパイアしたあれ系の蕎麦メニューも出しているのです。

平日20:30到着。
前客3、後客続々でほぼ満席に。ガラガラだったのはたまたまエアポケットだったみたい。
券売機で「肉盛りつけ蕎麦」の大盛(同料金)をポチ。ボタンにわざわざ「冷たい蕎麦です」と書いてあるのが面白いw
知らずに頼んで「なんだこりゃ!」って客もいるんでしょうねぇ。。

MAMIANA

カウンター席へ着席し食券を提出。
待つこと7分ほどで着丼です。また同時に紅しょうがと揚げ玉も到着。
丼にはキンキンに〆られた蕎麦。その上にはフォーマット通り、肉、ネギ、刻み海苔。本家より盛りはおとなしめかな?

MAMIANA

では麺を一口。
蕎麦は、港屋やそれに準ずるコピー店より細め。

MAMIANA

しかしギュッと密度感があり、粘りのあるコシが心地よいですな。蕎麦の香りはほとんどありません。
麺量は大盛270g(茹で前)ということで、食いごたえはまずまず。

MAMIANA

対する汁は、一見単なる港屋コピーかと思いきや、昆布出汁のようなトロンとした粘度がありますね。
昔食べた時もこんなだったっけ?蕎麦にかなり絡むのでこれはかなりいいかも!

MAMIANA

味わい的には、ラー油よりもギュンギュンの強い醤油感、そして同じくらい鰹の風味が強いですね~。
鰹節で真面目に引いた出汁って感じではなく、また節粉ドーピングの感じでもなく、どちらかというと豚魚スープ用の鰹フレイバー的な、ケミカルに濃縮された鰹風味。でもこれは純粋なお蕎麦ではないので、このアレンジはかなり好きかも。

MAMIANA

蕎麦の上には肉とネギ、海苔。
肉は牛コマとタマネギを甘辛く煮付けたもの。。いわゆる「牛丼のアタマ」が載っています。ここらへんも独自解釈ですよね。

MAMIANA

牛丼と言えば、そう!トッピングに紅生姜が出てくるのもユニーク。
港屋系で紅生姜を入れるのは初めてだけど、酸味がいいアクセントになり、よりジャンクな感じになってかなり好きかも!

MAMIANA

また、港屋系だと玉子は生玉子というのが定石ですが、こちらは温玉。

MAMIANA

ネットリとした黄身を蕎麦に絡めつつ、紅生姜の効いたつけ汁と牛肉と一緒に食べると。。
おっ、なんだか牛丼味の蕎麦食ってるみたいな感じでかなり面白いですね~。これは気に入った。

MAMIANA

ということで、揚げ玉も大量に投入しつつ、サクッと固形物完食でごちそうさま。
港屋コピーにとどまらず、小技を効かせたアレンジがかなり気に入りました。
牛丼に見立てちゃうあたりが(こちらの勝手な解釈ですが)、ジャンク好きの心をがっちり掴みますね〜w

豚魚なラーメン屋として見られがちなお店ですが、港屋インスパ店としても注目されていいんじゃないかな?

--

馳走麺 狸穴


関連ランキング:つけ麺 | 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2891-395dbe10

<< topページへこのページの先頭へ >>