FC2ブログ

ラーメン大盛・麺固め(800円)@大和市・うまいヨゆうちゃんラーメン

2018-01-17
湘南台での所要の帰り道、軽くラーメンでも食べて帰ることに。
神奈川エリア、しかもこっちの方はあまり土地勘がないけれど…と脳内検索エンジンを始動。
あ、ここまで来れば大和ってすぐ近くだよね?
ということで、その名は東京にも知れ渡る豚骨の名店「うまゆう」さんに行ってみることに。

たまたまなのか、お店前の駐車場には大型バイクだらけ、駐車場所が見つからずかなり苦労しましたが、なんとか車を停めて休日14:50到着。
店内は満席、室内の待ち席は待ち8程度。さすが人気店っすねぇ。。
ラーメンとチャーハンを頼む気マンマンでしたが、券売機を見ると、なんとご飯物が全て×にorzマジかよ、ここまで来て。。。

UMAIYO YUCHANG RAMENUMAIYO YUCHANG RAMEN

仕方ないので、ラーメン大盛の食券をポチし待合席へ。あら、某ラーメン評論家さんも並んでおられますねw
食券を先に出すタイミングで「お好みはありますか?」とヒアリング。ほぉ、さすが神奈川、家系店じゃないけど家系フォーマットなんですね。大盛にしたこともあり、固めでお願いします。
席数は多いのですがグループ客ばかりで回転はあまり早くなく、30分ほど待ちやっと着席。

UMAIYO YUCHANG RAMEN

着席後まもなく着丼。
ほぉ。。。こりゃ旨そうだ!
見るからに「髄まで炊いてます」的なマットブラウンのスープ。上にはチャーシュー、ネギ、海苔、キクラゲ、レンソウ。レンソウと海苔が載ると、やっぱり家系フォーマット感ありますね。

UMAIYO YUCHANG RAMEN

ではスープを一口。
ぐは。。こりゃ旨いね!
巨大な羽釜で炊かれたスープは確かに「ど濃厚」!
粘度は、例えば無鉄砲のようにヘビドロではなく、トロンとした柔和な口当たり。口に入れた瞬間、豚骨の旨味と香りが爆発。
髄の旨味までしっかり出きっており、最初の数口は若干豚骨臭が強めに感じるけど、その後は気にならなくなります。

UMAIYO YUCHANG RAMEN

醤油ダレの塩気と豚骨の旨味のバランスはバッチリ。塩気も強めに効いていますが、豚骨の旨味で最後まで引っ張るヘヴィ級のスープですね。
脂は液体油としては少なめで、後味は意外に軽め。多めコールすると、表面にゴリゴリする背脂が増えるみたい。これは白飯と一緒に食いたいなぁ。
神奈川で勝負するにあたり、敢えて家系っぽいフォーマットに落とし込んではいるけど、家系+無鉄砲系+都内の濃厚博多風ラーメン(現地の博多ラーメンは濃厚ではない)あたりのエッセンスをバランスよく組み合わせた、オリジナリティがしっかりあるスープですね。
つか、これ相当量の豚ガラぶち込んで長時間炊いてますよね。スープ原価高そうだなぁ。

UMAIYO YUCHANG RAMEN

麺はポクポクした食感の角断面中太。長多屋製麺製。
一般的な家系の麺より長めですすり心地がよいですね。大盛で200ちょいくらいかな?
スープのインパクトがすごいので麺は正直あまり記憶に残ってないのですが、スープの持ち上げもバッチリ。

UMAIYO YUCHANG RAMEN

チャーシューは肩ロースの煮豚スライス。特筆すべき点はないけれど、しっとり真面目な仕上がりです。
海苔は正方形の板海苔1枚。レンソウは家系でよくある冷凍解凍ものかな?風味はほとんどありません。
また、キクラゲの細切りが入っているのはいい食感のアクセント。ここらへんは熊本ラーメン的な演出かな?
卓上にはフライドガーリックがあるのでちょっと入れてみると、結構ジャンクな雰囲気になりますね。

UMAIYO YUCHANG RAMEN

サクッといただき、大満足でごちそうさま。
いやぁ、さすが、店頭看板の「どっ豚骨♡」の名に恥じない、豚骨スペシャリストのプライドみたいなのをビシビシ感じる一杯でしたね。
これは米と合わせたいんで、次回こそはチャーハン。。いや、白飯でもいいか。とにかく米と食べたい一杯!
遠いけど再訪は確実。

--

うまいヨゆうちゃんラーメン


関連ランキング:ラーメン | 大和駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2890-01713515

<< topページへこのページの先頭へ >>