FC2ブログ

らーめん白(800円)@不動前・きりきり舞

2018-01-04
近所で晩飯タイム。
太麺でボリュームのあるラーメンかつ二郎系じゃないやつ、という胃袋オーダーだったので、久々にかむろ坂を上り「きりきり舞」さんへ。
こちら、城南屈指の行列店「葉月」の支店だった所を、弟子の桐田さんが譲り受け独立したお店。葉月直系を謳うお店であり、葉月と同系統のメニューが楽しめます。

KIRIKIRIMAI

平日20:00到着。前客4、後客続々で満席に。
以前来た時は正直閑古鳥で、夜はなかなか厳しいのかな?と思っていたのですが状況激変してますね!
しかも「まいどっ!」「ネギ抜きでしたよね!?」とか店主さんから声をかけているお客さんも多く、常連さんをしっかり掴んでるようですね。
これまで、焼干しマー油が入った「黒」しか食べたことがなかったので、白醤油を使ったという「白」を券売機でポチし着席。

KIRIKIRIMAI

待つこと7分ほどで着丼。
丼のスープ表面からは太麺がこんにちは。ここはデフォで300gですからね。なかなかいい盛りっぷり。
その上には、チャーシュー、メンマ、水菜、海苔、ネギ、そして刻み生姜。
見た目は「黒」とほぼ変わりませんが、スープがベージュの明るい色になってるのと、刻み生姜がたっぷり載ってるのが相違点ですかね。

KIRIKIRIMAI

では早速スープを一口。
あら!これ。。相当旨いね(@_@)!
甘味のある鶏(ガラというよりは丸かな?)+スモーキーな節が主体であろうトロンとした食感の白湯スープに甘口の白醤油ダレを効かせた構成で、ベースの鶏の甘味と白醤油の甘味がシナジーし「甘味+甘味=旨味」みたいな、ものすごく明るくキャッチーな味わいに。「葉月創業時の味わい」と書いてありましたが、コレ相当好きかも!
塩分濃度はそれなりに強いですが、甘味と旨味の相乗効果でグイグイ飲ませるスープになってます。

KIRIKIRIMAI

麺は菅野製麺所製の角断面極太ストレート。モッチリした弾力ある食感としっかりした麺味で間違いない逸品。
このスープは細麺にも合わせられそうな印象ですが、こんな極太麺もしっかりマッチングさせてるのがすごいですな。
麺量は堂々の300g。腹ペコ時にはうれしいサイズ感です。

KIRIKIRIMAI

チャーシューは大ぶりで厚いバラ煮豚スライスが1枚。ホロリと崩れる火の入れ加減で、臭みもなくなかなかの仕上がり。
メンマはさすが葉月仕様、噛むとジュワッと和出汁が溢れるひと味違う仕様で旨いです。
また、刻み生姜がたっぷり載っているのですが、POPに書いてある通り、ビリビリした辛さが全然なく、むしろ甘めなスープの輪郭を生姜の爽やかな風味できっちり引き締めるような仕上がり。甘口のスープにきちんと合わせてるなぁ。これはマストなトッピングですね。
水菜とネギは少なめですが、薬味として十分に機能します。

ということで、瞬時に完食、スープもほぼなくなり満足でごちそうさま。
というか、スープをそんなに飲んだ記憶はないのに、麺を食べ終わるとスープの残りはがかなり少なめ。
なるほど、丼が小さめで麺がミチミチに入ってるので、結果コストの高いスープの量を減らせてるってことか。商売上手ですなw
と、冗談は置いておいて、いやぁ、葉月譲りの激ウマな一杯、満喫です。本店ともまた違う味わいとなっており、ここならではの引きもしっかりありますな。

最近は曜日によっては創作系の限定を出したりもしているようで(杯数が少ないからありつけたことないんだけど。。。)、出身店の良さを活かしながら自分ならではの味を探っているようで頼もしい限り。
近所なんだし、もうちょっと頻度上げて来ないとだな。。。またお世話になります。

--

きりきり舞


関連ランキング:ラーメン | 不動前駅武蔵小山駅戸越銀座駅


きりきり舞

関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2866-bc700e5b

<< topページへこのページの先頭へ >>