汁なし・全マシ(770円)+小ライス(70円)@北本・ドンキタモト

2017-12-29
鴻巣近辺で晩飯タイム。
一日中運動して腹ペコペコなので、ここはJ系のお店で腹を満たしましょう、どドンキタモト
こちらは、六厘舎やトナリ、ジャンクガレッジ等を経営する松富士食品のブランドで、「ジャンクガレッジの弟分」という位置づけらしいです。何が弟なのかよくわかりませんがw

休日18:10到着。
駐車場もお店も広く、ロードサイド店として非常に使いやすい店ですね。店内はほぼ満席。
さて食券機にて「汁なし」をポチし待機。
ジャンガレと言えばやはり汁なし!TRY汁なし部門上位常連のあの大井町のお店も、当時大崎にあったジャンガレの汁なしにインスパイアされたという伝説があるくらいです。

DON KITAMOTO

しばし待ったところでカウンターが空き着席。
食券を出すタイミングでトッピングを聞かれるので、「全マシ」でお願いします。
大崎時代のジャンガレに通ってた頃は「全マシアブラダブル」が自分の中のスタンダードだったっけ。。。

DON KITAMOTO

待つこと10分ほどで着丼。
おぉう、なんともフォトジェニックじゃない(インスタ映えしないw)絵面ですね。。「混ぜる前のお好み焼きです」と言われても納得してしまうカオス感。これはひと目見ただけでは全然美味しそうに見えませんw
そして・・・まぁメニュー写真でだいたい予想はできたんだけど、これ系のメニューにしては圧倒的な盛りのショボさ。
まぁ、J系もコモディティ化が進んでくると、こういった一般の客向けのボリュームに落ち着いてくるということですな。コアな人は大盛や倍盛にしてくださいね、ということで理解。
トッピングは温玉、豚、ヤサイ、ニンニク、スライスチーズ、アブラ、エビマヨ、辛味、鰹節、フライドオニオン。そして名物ベビースター。ジャンガレ仕様を完全に引き継いでおります。

DON KITAMOTO

では、ざっくり混ぜつつ一口。
麺はヒタヒタのタレに浸かっており、タレの味わいは豚の旨味と甘辛い醤油風味がバランスされたもの。当然化調感はバリバリ。だがそこがいい。

DON KITAMOTO

形状は、ジュルリと啜れるモッチリツルンとした平打麺。
そういえばジャンガレの麺ってもともと、大っぽいゴワゴワ麺じゃなくこういったしなやかな麺でしたかね?
タレの絡みは問題なく、そうそう、ジャンガレってこういう味だったわ、と。

DON KITAMOTO

そしてここから、レンゲと箸を用いて全体を撹拌。
うん、各トッピングの味わいがミックスされ、いい感じにジャンクになりますね!
特に、背脂の甘さ、エビマヨの香ばしさと酸味、そしてベビスタのポリポリ食感のバランスが絶妙です。

DON KITAMOTO

豚は巻豚。硬めで旨味あまりなし。スライスチーズはこの手のまぜそばには鉄板の味変アイテム。
玉子は温玉だと白身部分がタレの味を薄めてしまうので、卵黄だけでいいような気がします。粗挽き黒胡椒が合うなぁ。

DON KITAMOTO

麺量は200弱くらいかな?
二郎モードになっている胃袋にこの量は全く足らず、瞬時に固形物完食。

DON KITAMOTO

・・・うーん、腹減った(;´Д`)
即食券機へ→ライスの食券をポチし追加オーダー。

DON KITAMOTO

さて、残ったタレに白飯をぶっこんでジャンク雑炊化。
これでなんとか腹を満たしてごちそうさま。

DON KITAMOTO

うーん、まぁ全体的に悪くはないんだけど、大崎時代のジャンガレの圧倒的な突き抜け感は全くなくなり、「よく出来たB級まぜそば」に小さくまとまっちゃった感あるかな。
万人向けの量産型ジャンガレ、みたいな印象で、こういうのに興味あるけど初体験みたいな層にはいい入り口になってくれそうですね。

まぁ、二郎好きの人って一般的価値観から見てみると少しオカシイ人たちwなわけで、そういったニッチ方面に訴求するのではなく、よりマスで広いターゲットに変更した、ということですね。さすが天下の松富士食品さん、わかってらっしゃる(棒読み)。
自分は「オカシイ人たち」にカテゴライズされる側だと思っているので、そういう人はそういうお店に行くことにしますね(;´Д`)

--

ドンキタモト


関連ランキング:ラーメン | 北本駅


ドンキタモト

関連記事
コメント:
タム6000さん こんにちは!
これはジャンクな1杯ですね~!!
食べたいな~
[2017/12/29 15:15] | ヨコベー #- | [edit]
>ヨコベーさん

こんにちは&コメありがとうございます!

そうですね〜、ジャンガレ未経験なら一度食ってもいいかもですが、
ヨコベーさんには豚星。があるじゃないですか!
あっちの汁なしの方が遥かに暴力的で旨いと思いますわ(;´Д`)
[2017/12/31 15:13] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2861-6987c76e

<< topページへこのページの先頭へ >>