FC2ブログ

しょう油(600円)@西新宿・スパゲティ屋 くぼやん

2017-12-23
今日の遅めのランチは西新宿
気分的にはロメスパだったので、駅近くのジョナサンの地下にある「くぼやん」へ初訪問。

平日14:20到着。この時間ですがカウンター席は満席、待ち5。客層は100%男子リーマン。
狭いお店の中でガンガン麺を痛めるので、結構服や髪に匂いが移るのはちょっと注意が必要かな?
回転は早く、数分で券売機前へ。

KUBOYAN

おぉう、結構メニュー豊富で迷うなぁ。。
メニュー構成は、ナポリタン、ミートソース、カルボナーラ、醤油、塩、明太の6種類。
なおナポ、醤油、塩には「ニンニクバージョン」もあります。
ニンニクに激しく心惹かれますが、この後打ち合わせだからなぁ。。まずは和風メニューでお手並み拝見、と「醤油」の並をポチ。

一人客優先ルールがあるようで、前の待ちグループを抜いて1席空いた所に案内。ラッキー!
食券を出し、7分ほどで着皿です。

KUBOYAN

ほぉ、見た感じ「リトル小岩井」的な雰囲気ですね。
極太スパは小松菜、タマネギ、シメジ、ベーコンと炒められており、上に白ゴマ。

では早速一口。
おっ!ジャポネやリト岩等のコシのないフカフカソフト麺とは全く違う、生麺的なニチッと粘り腰なスパゲティですね。これはかなり食べごたえある麺!
食感的には、2.2mm径の乾麺(我が家のAmazon定番品ボルカノw)を数時間水浸けしたものを茹で揚げたものに非常によく似てます。

KUBOYAN

この太さの乾麺だと普通に茹でたら15分はかかるだろうけど、提供時間はそれよりかなり短め。乾麺茹で上げだとプリップリになるはずだし、生麺パスタ?でもそうだったらそれを売りにするはず。ということで、これはやはり乾麺水漬けでしょうか?
いずれにせよ、このズッシリした重みある食感、相当好きなタイプですよ。
麺量は並で300gとのこと。おそらく茹で後の「麺」量ですね(最近ソースや具も合わせた重さ表記の店もあってややこしい)。

KUBOYAN

味付けは非常にシンプルな醤油味。
ちょっと和風な味わいというか、肉じゃがの煮汁のような甘辛い風味です。おそらく醤油+砂糖+みりんあたりでタレを作ってるっぽい。この手の和風パスタにありがちなバター感はありません。
また、サラダ油ではなくラードかな?ちょい重ための食感の油で炒めていることもあり、口当たりもどっしりした感じになっており、麺の重さと合わせ食べ応えありますよ。

KUBOYAN

具の量は多くはないですが、今は亡きスパゲティキングみたいな物足りなさはなくちょうどいいボリューム。
シャキッとした小松菜の茎の食感、そして白ゴマの香ばしさもいい感じですね。
ということで、サクッといただきごちそうさま。

自宅でも作れそうな味ではあるけど、これをこの価格で出してるのは割と良心的なんじゃないかな?と思います。
ずっしりした麺&油で腹持ちもいいし、この時間でも満員をキープしてるのもわかる気がしますね。
最近この手のロメスパ店は資本臭プンプンのお店も多いですが、こちらはおそらく個人経営。そして味わいや価格設定にロメスパ愛が感じられるのが好感が持てます!

並300gは俺的にはちと物足りなかったかな?150円アップはちょい高めだけど、400gの大盛にすると、ボリューム的にもかなり満足感高いと思いますね。
結構気に入ったので再訪は確実。次回はニンニクナポを大盛で行ってみようかな?

--

スパゲティ屋くぼやん


関連ランキング:パスタ | 西新宿駅都庁前駅新宿西口駅


スパゲティ屋くぼやん

関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2853-3c3c866a

<< topページへこのページの先頭へ >>