FC2ブログ

ヤス二郎・麺300g・ニンニクショウガ(850円)@南新宿・ラーメンヤスオ

2017-12-22
代々木エリアで早めの晩飯。
お昼抜きでお腹ペコペコだったので、最近一番のお気に入りのヤスオさんへ。

こちら、自家製のワイルドな麺と甘み強く脂っぽいジャンクなスープの組み合わせが最高なんすよね~。
極太麺のラうどん、細麺のラそばは既に頂いているので、今日の課題は「ヤス二郎」。
そう、名前を見たらわかる通り、ソレ系なメニューです。

平日18:00到着。前客4、後客2。
券売機で「ヤス二郎」をポチ。食券を出すタイミングで「麺の量は?」とヒアリングが。
こちらは200gと300gが同料金になります。二郎系メニューなので300にすべきだろうけど、此方の剛麺で300をまだ食べたことないのでちょっと不安。
店主さんに「250ってできます?」と尋ねるとちょっとめんどくさそうに「だったら300でもそんな変わらないッすよ?」と。
・・・ですよね(*´∀`*)じゃあ300でw

待つこと10分ほど。
着丼前に「ニンニクとショウガは入れますか?」とコールタイム。両方でお願いします。まもなく着丼。

YASUO

うは、こりゃなかなかいい標高だ。
丼の直径が小さめなので量的にはたいしたことないと思いますが、ヤサイに高さがあるのでインスタ映えしますね!
ヤサイはオールモヤシ、頂上にはショウガ、麓にはニンニクとチャーシュー。

YASUO

ではスープを一口。
おそらくベースはデフォの動物系スープ。トロンと乳化したもので、肉の旨味たっぷり。
カエシもおそらく共通で、極甘な醤油ダレがここのお店の個性を形作ります。

YASUO

デフォと違うのは、魚介(節)の香りや一味のアクセントがないのと、液体油が少なめな点かな?
そういう意味では、むしろデフォのギラギラした雰囲気よりスタンダードに感じるスープかも?二郎感はあまりありません。
ただ塩気はしっかりあって、たっぷりのモヤシの水分で薄まることはありません。

YASUO

そしてやはり此方のウリは自家製の麺!
相変わらず暴力的な存在感を放つ、ボッキボキの極太縮れ麺。
府中二郎や蓮彌の麺も猛烈な暴れ麺ですが、暴れっぷりではこちらの方が強いかも?ただ硬さは圧倒的に蓮彌かなw

YASUO


かなり強めに手もみしてから茹でているようで、麺同士がくっついていたりボロボロにちぎれていたり、もう箸でキレイにリフトすることが不可能なレベルwただその突き抜け感が(・∀・)イイ!!

YASUO

野菜はモヤシのみ。茹で具合はシャッキリしておりいい感じ。
ニンニクとショウガはかなりの粗みじんで、噛んだ時のパンチがすごいですね~。このスープにはニンニクよりもショウガの方が合うかもしれません。スープが割とおとなしめなのでトッピング必須ですな。

YASUO

チャーシューはデフォとほぼ同じ肩ロース煮豚スライス。
二郎系の「豚」ではなく、薄切りのチャーシューです。柔らかく臭みもなくいい感じですが、ヤス「二郎」と名乗るなら、固まり豚を期待したかったところ。

ということで、300gの麺もなんなく食べきり固形物完食でごちそうさまでした。
二郎系として見ると若干方向性が違うかな?と思いますが、これはデフォの延長にある、「野菜マシのラうどん」と捉えた方がいいかもしれません。

丼を上げ「ごちそうさん~」、すると店主さん「量大丈夫でした?」「旨かったんで全然いけました!」
すると店主さん「ですよね!なんとなくスペック持ってると思いましたよ」と。
ん?スペック・・・SPEC?警視庁公安部公安第五課ですかw
うーんと、俺のSPECは。。「300gの麺をおいしく完食できる能力」ってことですかね?
死者を蘇らせたり他人の記憶を操ったりするのが本来のSPECなんですけどね・・・なんとまぁ、世の役に立たねーSPECだなぁorz

というか、いつもぶっきらぼうな接客で決して愛想がいい雰囲気ではなかった店主さん、こんなお茶目な方だったとはw
これまでは味だけでこのお店が好きでしたが、ますます好きになってしまいますよ(;´Д`)
ということで、またお世話になります。

--

ラーメン ヤスオ


関連ランキング:ラーメン | 南新宿駅代々木駅新宿駅


ラーメン ヤスオ

関連記事
tag : 南新宿
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2852-969ff1b7

<< topページへこのページの先頭へ >>