FC2ブログ

ソース並盛(800円)@高田馬場・真打みかさ

2017-12-19
池袋でアサイチの会議が早めに終わり解放。
これは・・・いつも混んでるお店を攻略すべきタイミング!
気分は焼きそばだったので、馬場まで移動し「みかさ」へ。

平日11:15到着。店内は半分ほどの入り。
以前来た時は「やきそば」のボタンオンリーだったのですが、現在は神保町店と同じ、ソース並大、塩並大という構成に。
では、ソース並をポチし着席。
厨房の店主さんのワンオペをガン見ですw

・まず麺を鍋に投入して茹でつつ、鉄板でネギを炒めて油にネギの香りを移し、肉を炒める。
・別にモヤシとキャベツに魚粉をたっぷりかけつつ炒める。
・麺を上げ、テボから直接鉄板の野菜の上へ。
・ソースをかけて炒める。途中鉄板上に大きく広げるのは、おそらく水分を飛ばしてるのかな?
・同時に肉にもソースをかけて炒める
・ラスト、麺と野菜を皿に上げ、その場所に玉子を割って黄身を割り、半熟状態で麺の上へ。
・その周りにネギ、肉を配置したら、ソースと海苔をかけ、ラストに乾燥紅生姜をペペッと散らして完成。
ちなみに、麺炒め用のソースと肉炒め用ソースとラストにかけるソースはレシピが違うんだそうですぜ。

さて、白い丸皿で着皿。
おそらく大盛にも対応する皿なのでしょう、皿に対し焼きそばが少ない!量がかなり少なめに見えます。

MIKASA

早速一口。
うん、いいね。ちょっとねじれのある角断面の太麺。
加水は高めでモチモチの食感。これが茹でたて麺使用の焼きそばの最大の魅力です。
ネギのジャキジャキ感がちょっとうるさいかな?と思ったけど、熱でシナッとなるとちょうどいい感じに。

MIKASA

野菜や具に対し麺が少なめに見えますが、ソースの量と絡み方が適度なので、全体のバランスは良好。
麺と野菜が同量口に入ってくる感じなので、麺食いは大盛推奨ですね。

MIKASA

肉は短冊切りの厚切りバラで食べごたえあっていい感じ。
以前神保町で食べた時は、ソースの塩辛さがちょっと強すぎたんだけど、こちらはさすが真打、絶妙なバランス感かな?
そう言えば、このドライ紅生姜(ペヤングのふりかけに入ってるやつ!)が家でも食べたくて、通販で売ってないか調べたんだけど全然ないんですよね(あっても業務用のばかり)。実は市販の紅生姜をレンチンするだけで作れるらしい。コレ豆な。

MIKASA

量的には少なめで、茹で前200g程度でしょうか?おやつ腹を満たしごちそうさま。
やっぱり男性は大盛にしないと全く満足できないですな(;´Д`)

MIKASA

うん、初めてみかさを食べた時の感動は薄れたけど、相変わらずここ最近の焼きそばブームを牽引する魅力&実力を兼ね備えたお店ではあると思います。
それと、俺やっぱ、みかさは塩が好きかな?
今度は渋谷店に行ってみよう。

--

手打ち麺やきそば専門 真打みかさ 本店


関連ランキング:焼きそば | 高田馬場駅下落合駅西早稲田駅


手打ち麺やきそば専門 真打みかさ 本店


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2847-a6bc49e1

<< topページへこのページの先頭へ >>