FC2ブログ

味噌そば(850円)+小ライス(ランチタイムサービス)@新大久保・麺屋悠

2017-12-17
新宿での打ち合わせが終わり、さてランチタイム。
行きたいお店はいろいろありますが・・気になるカレー屋さんがある新大久保方面へ向かいます。しかしお目当てのお店は大行列orz
次のアポイントの時間もあるので並ぶのはあきらめ。。あら、次候補のカレーのお店も行列ですか。。。
ではターゲットをラーメンに切り替え、昨年のTRY新店味噌部門8位の「麺屋」さんへ。

平日12:15到着、前客1、後客0。
先ほどのカレー屋さんや、ラ店でいうと「五ノ神」があるもう一本新宿側の通りはかなり人通りが多いんだけど、ここはちょっと人通りが少ないのかな?
またすぐ近くに、380円のお弁当や170円の焼きそばを売る中華店があったりして、ランチ激戦区の中でなかなか大変そうです。

YU

さて、外の券売機で「味噌」をポチ。
こちらの店主さん、かづ屋はやしまる出身とのこと。つまり「たんたん亭」の系譜と言っていいでしょう。となるとだいたい味の予想は付きますな。
しかしこちらは、醤油だけでなく、味噌をラインナップしているのが特徴。
かづ屋系の味噌ってどんな感じなのか興味あるし、味噌で!
食券を出すタイミングで「ランチタイムは小ライスお付けできます」当然お願いします。

客席は厨房を囲むL字カウンターのみ。着席し、厨房の店主さんをガン見w
スープは、注文の度に小鍋にベーススープを取り、味噌ダレを入れて丁寧に撹拌します。
丼の底に挽肉、ゴマ、揚げネギ等を入れた後スープを注ぎ、テボで茹でた麺を投入、炙ったチャーシュー等のトッピングを載せたら完成→着丼。

YU

ほぉ、味噌ラーメンというとコッテリ系イメージがありますが、こちらのスープは僅かに透明感がある味噌スープ。
淡い茶濁のスープの表面には液体油、そして揚げネギや黒ゴマ等が浮かびなかなか個性的。

YU

ではスープを一口。
なるほど、白味噌のこっくりした甘みでもないし、札幌味噌のような香味野菜と赤味噌をブレンドしたはっきりしたキレ味のあるものでもなく、味噌汁のように優しく透明感のある甘口味噌スープなんですね。
味噌は徳島の御膳味噌、八丁味噌、麦味噌のブレンドとのことで、味噌特有の尖りはなくフワッと麦味噌の香りが広がる感じ。
ここに揚げネギや黒ゴマの香ばしさが重層的に加わり、他の味噌のお店とは違うここだけの味わいになってますね。塩梅はそれほど強くありません。

YU

粘度はなくサラリとした食感ですが、表面の液体油層のおかげで、しっかりラーメンらしい口当たりの強さはあります。
おそらくベーススープは全メニュー共通なはずなので、動物+魚介のスープとなるはずですが、魚介の香りは味噌の味わいに完全にマスクされているかな。

YU

麺は大栄食品製の細ストレート。加水は低めでザックリした食感が特徴的。うわ、ピン抜けたorz
スープの絡みもバッチリですが、中盤以降ちょっとスープを吸ってダレる感あるかな。麺量は140g。

YU

チャーシューは肩ロース焼豚。修行先と同じく、オーブンで仕上げたと思われるチャーシューは脂身少なめ、ミッチリした食感と肉の旨味が詰まった仕上がりでなかなか旨いですね。提供直前にバーナーで再度炙るので香ばしさもあります。

YU

メンマは細切りのコリコリした食感が特徴的。このメンマ好きだなぁ。海苔は薄いものであまり印象なし。
ネギは白ネギと青ネギ。白ネギは駒葱で、大きめでジャキッとした歯ごたえと葱の辛味がいいアクセント。青ネギは端にちょこんと載せられ、彩り要員。また味噌ラーメンにしては珍しく柚子皮が載るのもさっぱりとしていいですね。

小ライスはご飯茶碗に軽く一膳分程度。味噌スープとの相性は当然完璧ですな。
優しくも後を引く味噌スープをついつい飲んでしまい、ラストはライスに残ったスープを投入→味噌雑炊で〆てごちそうさま。

YU

出身元の技術をうまく活用しながら此方だけの味噌を作った感があり、なかなか満足度高かったです。
味噌ラーメンにワンタンが合う店ってあまりないような気がしますが、此方のは違和感なくフィットしそう。次回は辛味噌にワンタン付けてみようかな?

--

麺屋 悠


関連ランキング:ラーメン | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅


麺屋 悠

関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2842-2d760e39

<< topページへこのページの先頭へ >>