FC2ブログ

こってり汁なし(750円)@川越市・麺屋 旬

2017-12-14
川越で一日遊び、東京へ戻る前に晩飯タイム。
今まで行ったことのないラ店に行ってみよう、と背脂の名店「弁慶」出身というこちらへ。

休日18:00到着。
お店裏の駐車場に車を停め店内へ。前客4、後客4。
店内は厨房に面したカウンターとテーブル席多数。
地方のお店あるあるで、店内はオールタイム喫煙可なのでポジション取りは慎重に。

SHUNSHUN

弁慶出身ということはやはりこってりラーメンを頼むべきなんだろうけど。。メニューを見ると「和風ラーメン」や「汁なし」の文字。さすがにチャッチャ系だけでは客層が広がらないですもんね。
ということで、今日はこってり汁なしをお願いします。
メニューでは「ニンニク」「ばくだん」が0円と書いてあるので、両方くださいな。

SHUN

待つこと7分ほどで着丼。
ほぉ、ちょっと個性を感じるレイアウト!
台湾まぜそば登場以降、この手の汁なしは中央に卵黄、そしてその他の具を放射状に配置するお店が増えたという認識ですが、こちらは「井桁」的配置。

SHUN

麺は丼の底のタレと油に浸かっており、その上にはモヤシ、水菜、ネギ、メンマにチャーシュー、かなりゆるい温玉。素材がすべて細切りにされているのが食べやすそうでいい感じ。

SHUN

では早速麺を引き出し一口。
うん、キリッとした醤油、ニンニク、背脂の甘味が交わり、ベタだけどこりゃたまらん。ジャンクで間違いない味わいです。

SHUN

麺はこの手の汁なしにしては細めの、若干平打っぽい中細縮れ麺。加水高めでモギュッとした弾力がいいですね。
確か弁慶は浅草開化楼を使っていたと思いますが、こちらは銀杏軒 山際製麺という地元の製麺屋のものだそう。

SHUN

全体を混ぜると、水菜のさっぱり感と玉子によるマイルド感により、タレのキレは若干控えめになり、非常に食べやすい味わいになります。
ニンニクとばくだん(ラー油)は壺での提供になるので、好きなだけぶちこんで好みに味変しましょう。
麺量はそれほど多くなく、200はなかったかな。1日運動した後だったので、サクッと完食でごちそうさま。

SHUN

ちなみに同行者の「こってり醤油」を一口味見させてもらいましたが、汁なしを食べた後だったからか、その背脂チャッチャな見た目にそぐわずとってもマイルドで角がなく全世代食べやすい、的なチューニングになっていました。
他の弁慶の系譜である「なりたけ」や「ごっつ」が結構ハード系に攻める一方で、ここらへんの攻めすぎないバランス感や、メニューの裾野の広さが、地方で成功する要因なのかもしれないですね。
次回来ることがあれば「和風」シリーズを攻めてみたいかも。

--

麺屋 旬


関連ランキング:ラーメン | 川越市駅本川越駅西川越駅


麺屋 旬


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2835-eab9b795

<< topページへこのページの先頭へ >>