FC2ブログ

鶏白湯ラーメン・あっさり(700円)@大森・麺屋わか

2017-12-09
今日のランチは大森で。
軽めのラーメンが食べたい気分なので、焼鳥屋さんがランチタイムのみラーメン屋として二毛作営業をしているという「わか」さんへ。

平日13:45到着。前客1、後客1。
お店は地下ですが、地下とは思えない明るく清潔感ある内装。スタッフは厨房1、ホール1。

WAKA

メニューは、こってり鶏白湯の醤油/塩とあっさり鶏白湯の3種類で「特製」にするとトッピングが増える模様。
あっさりな気分だったので、あっさりの方の「鶏白湯」を口頭オーダー。

WAKA

2分ほどで着丼。
鶏白湯」というほど濁ってはおらず、半濁といった仕上がりのスープですな。
白い切立丼の中には細麺が泳ぎ、上には鶏チャー、水菜、刻みタマネギ、メンマ、鶏つくね。なんかどこかで見たことのあるようなルックス(伏線)。

WAKA

ではスープを一口。
余計なものは一切入れず、鶏ガラと控えめの香味野菜をフツフツと丁寧に炊いたような、ド直球のさっぱり鶏ガラスープですね。まぁ、焼鳥屋であればこの手のスープはお手の物でしょうか(伏線)。
粘度はなくサラサラの口当たり。表面には鶏油が薄めに覆い、鶏のいい香りが立ち上ります。
カエシはおそらく、シンプルに塩のみでしょうか。塩梅も油も控えめで、非常に上品な味わい。
最初はスープがぬるいかな?と思うのですが、麺がアツアツなので全体を撹拌すれば適正な温度になります。
丼の形状的にかなりの「スープケチり丼」なので、スープの量はかなり少なめ。グビグビ飲むとすぐになくなっちゃいますな。

WAKA

麺は、プツプツとした噛み心地が特徴的な中加水細ストレート。
このスープにはよく合っていると思います。麺量は130g程度。

というか此方、なんとなくメニューの写真を見て怪しいとは思ってたんだけど、「武一」の経営母体のプロデュースとのこと。。なんだ、スープと麺を卸してもらってるのか。
最近鶏系というと裏にこのブランドがちらつくなぁ。そのくせ一切その情報を出さないというのがうまい所だね(;´Д`)

WAKA

鶏チャーシューはムネを低温調理したものが2枚で、しっとりした食感が特徴的。味付けはなく、スープに浸していただきましょう。
つくねは粗めに挽いた鶏モモかな?小さいですが軟骨コリコリ、ジューシーで旨い。
能書きを読むと、信玄鶏の挽肉&軟骨、そして鴨油を作って仕上げたお店特製のものなんだとか。
水菜はパキパキの食感が最初ちょっとうるさいですが、スープに沈めればシナッとなり食べやすくなります。
刻みタマネギはかなり辛味が強く、濃厚の方はともかく、この薄味のスープには合わないですね。メンマは穂先。やわらかですが、ちょっと既成品っぽい風味がしたかな。

WAKA

卓上には八幡屋礒五郎の七味、和山椒、それから辛味噌っぽいペースト。
辛味噌ペーストを使ってみたかったのですが、蓋をあけると酸化臭。こりゃいかん、と七味と和山椒で味わいを変え楽しみます。
スープがシンプルなので調味料によって味わい激変。どちらも合いますが、入れすぎ注意ですな。

サクッといただきごちそうさま。
丁寧に作られた、素性の良い素直な鶏塩ラーメンといった印象。ただ、うーん、このくらいなら家庭でも炊けるかな?
「焼鳥屋のラーメン」というと、武蔵小山のアレを思い出しちゃって、どうしてもハードル上がっちゃうんですよねw

ちなみに、代金を払い「ごちそうさま~」と出口に向かうと、お店のチラシが置いてあります。よく見ると「大盛or味玉クーポン」が!
くーっ、お店に入る時にこれに気づいていれば。。。ということで、今後来られる方はお店入口のクーポンをゲットしてから着席することをオススメします。

--

串焼き わか


関連ランキング:焼き鳥 | 大森駅大森海岸駅


串焼き わか

関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2830-9b2a5341

<< topページへこのページの先頭へ >>