FC2ブログ

肉スパ・キング・スープセット(950円)@有楽町・タベルナ東京 虎杖製麺所

2017-12-04
今日の晩飯は有楽町で。
なんとなくロメスパな気分なんだけど、この時間すでにジャポネは閉店。
ということで、先日その存在を知った自家製生パスタ使用の格安パスタ店「タベルナ虎杖製麺所」へ。
お店の場所は、首都高ガード下の銀座インズ1の地下(ちなみにジャポネはインズ3)。

こちらのお店、もともとは「タベルナトーキョー」という、ローストビーフ丼やオムライス、牛カツ等も提供する総合洋食店だったようですが、最近屋号を「タベルナ東京 虎杖製麺所」と変更。生麺パスタ専業店としてリニューアルしたようです。
ちなみに「虎杖(いたどり)」と言えば、築地を本拠地とする虎杖東京グループですね。
このお店の隣も、その隣も虎杖系列のお店。さらに交通会館地下の担々麺「虎杖」も同経営となります。

平日20:40到着。注文後まもなくラストオーダーとなりました。銀座にしてはかなり夜早いですね。
店内はかなりの大箱で、レンガ作りっぽいシックなインテリア。照明も落ち着いており、ファミレス以上の格を感じます。
テーブルごとに荷物入れも完備、クリンリネスも問題なく、女子ユースにも全く問題ない雰囲気。
通し営業ということもあり、かなり使いやすいお店だと思います。

TABERNA TOKYOTABERNA TOKYOTABERNA TOKYO

パスタメニューは「ポタパスタ」等と同クラスの激安価格が特徴。
一番安い「ベーコンとキノコ」レギュラーサイズは、生パスタ使用なのになんと390円!
また、海鮮が得意な虎杖グループらしく「炙り板うにのカルボナーラ」等もかなりお得感ある価格で提供されているのが特徴。

低価格でボリューミィな生パスタを前面に押し出したスタイルに変更となると、当然この場所でその価格で出すからには相当コストカットをがんばらないといかんわけで、まずスタッフの数を削るため、卓上調味料はなし(店舗中央に集中配置してあり各自取りに行く)、コストがかかる粉チーはなし、水やナプキンもセルフという徹底したコストカット仕様。

また、メニューに「ナポリタン」がありますが、鍋振りでケチャの水分を飛ばししっかり麺にコーティングする工程が必要なナポリタンを、なんと茹で上げ麺+ソースあとがけという形態に変更している模様。
つまり、パスタ全メニューで鍋振り工程を省き、茹で上げパスタ+業務用ソースを絡めるだけで出すスタイルに統一することでかなりのオペレーションコストをカットしてるんでしょうね。
ここまで徹底するとむしろ潔い。応援したくなりますよ。

ちなみにセルフの水はオーガニックレモンとミントが入っており、自宅でフレイバー系のガス水を常用してる者にとってはうれしいですね。
こういう「コスト削る所は徹底的に削り、かける所には惜しまずかける」精神は素晴らしい。

閑話休題、メニューを眺めオーダーを決めましょう。
ベタにナポやミートにしてもいいのですが、ゆで豚と海苔、ラー油をあしらった和風パスタという「肉スパ」が気になったのでそちらを。
自家製生パスタの麺量は茹で後で、Rは200g、Lは300g(100円増し)、Kは500g(300円増し)とのこと。
いつもジャポネではジャンボ(560g)を食べるので、まぁKで余裕でしょう、とKお願いします。
現在サービスでスープが付くとのことで、当然スープセットでお願いします。

セルフの水や調味料をセットしていると、待つこと10分ほどで着丼。

TABERNA TOKYO

・・・おぉう、結構幅と高さありますね!
大きな楕円形の平皿には、たっぷりの茹で上げ極太パスタ。
その上には薄切りゆで豚、山のような白髪ネギ、海苔。麓にはラー油。

TABERNA TOKYO

パスタの種類的には、タリアテッレorフェットチーネ。ラーメン的に言うと、極太平打ストレート。
デュラムセモリナ使用とのことですが、プリプリ感はなく、かなりガッチリシコシコな噛みごたえの麺で、重量感あります。麺味はそれほど強くないですね。
ジャポネのフカフカソフト麺とは対照的な密度感で、咀嚼回数が倍くらいになるので、かなりのボリューム!
これを食べきるのは結構大変かも、ジャポネのジャンボを食べる気分で臨むと遭難しそうです。スイッチを爆盛モードに切り替え、スピード勝負で勝ちに行きます。

TABERNA TOKYO

料理構成としては非常にシンプルで、おそらく業務用和風パスタソースを茹で上げたパスタにかけ、その上に茹でた薄切り豚肉と白髪ネギ、刻み海苔をのせラー油を回しかけたもの。
パスタソースは甘じょっぱい醤油風味で、具としてわずかにベーコンとキノコが入ります。
最初はソースがよく麺に行き渡っていないので、パスタがダマになってます。ある程度食べたところで天地返ししつつソースとラー油を麺に絡ませましょう。

TABERNA TOKYO

味付けは、塩味、旨味共に割と控えめでケミカル感も当然あり。100均の和風パスタソースレベルかな?
もうちょっとパンチが欲しい方は、味変用に常備してあるラー油や黒胡椒、塩を使うとよさげかも。
豚肉はしゃぶしゃぶ用よりも薄い、コマの超薄切り。
フワフワな食感ですがボリュームは意外にあり、パスタ一口に対し数枚食べても最後まで残ります。

付属スープは、野菜がゴロゴロを入っているミネストローネ。量がある割にパスタの味わいが単調なので、ちょっとした口直しとしていい感じに機能します。
中盤以降ちょい飽きが来ますがラー油を追加投入してなんとか食べきり、腹パンパンでごちそうさまでした。

TABERNA TOKYO

パスタの食べ応えは抜群だし、お腹的にはなかなか満足感ありましたが、味的にはイマイチだったかな?ナポやカルボ等、もっとベタなメニューの方が楽しめそうです。
ちなみに、醤油ベースの和の味わい、海苔、そしてラー油と言えば。。愛宕のあのお店の影がチラチラと見えるようなw
というかあっちに寄せるなら、ネギはなくして鬼のように刻み海苔と白ゴマを入れ、平皿じゃなくボウルに入れたら結構いい雰囲気になるんじゃないかな?パスタ方面からの港屋インスパイアってまだ聞いたことないので、挑戦してみる価値はあるかも?

相方の雲丹カルボナーラも味見させてもらったんだけど、こちらも茹で上げパスタに(おそらく)業務用カルボソースを絡めただけだと思われますが、パスタがしっかりしてるので結構旨いんですよね。。
雲丹は食えないので食べなかったけど、相方曰く、若干臭みあるけどちゃんと旨かったとのこと。

うん、製麺とボリュームにこだわり、低価格で提供するために他のあらゆるコストをカットするという、経営ポリシーが明確に見えるお店は好きですね。
ロメスパではないものの、結構ポリシー(安く多く旨いものを提供する)的にはロメスパに通じるものがあるなぁ、と。
再訪は確実。次回はトマト系いってみよう。

--

タベルナ トーキョー


関連ランキング:シーフード | 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅


タベルナ トーキョー

関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2821-7c55c67a

<< topページへこのページの先頭へ >>