チャーハン(650円)@大森・中華料理 喜楽

2017-11-23
大森でちょい遅めのランチタイム。
チャーハン腹だったので、ずっと気になっていた「喜楽」さんへ初訪問。場所的にはとんかつの名店「丸一」の数軒隣になります。

平日13:45到着。前客5、後客0。
店内はいい感じにヤレた老舗街中華といった雰囲気。
客層は平均年齢60以上かな。常連さんが多く、女将さんとのウイットに富んだ会話が面白い(また来るぜこのクソババア的なw)。
全席オールタイム喫煙可ですが、運良く喫煙者はいませんでした。

ちなみにこちら、渋谷のノス系ラーメンの名店「喜楽」と名前が共通なことに気が付く方も多いはず。
ルーツをたどると、両者「喜楽大飯店」というお店から独立したお店らしく、なんと大井町の「永楽(現在の丸八そば店)」も同じくここからの独立組なんだとか。なるほど、ノスな名店同士の繋がりを感じますね〜。

KIRAKU

さて着席。
渋谷喜楽永楽との関連があるなら、ラーメンは揚げネギ入りなんだろうなぁ、そっちも食べてみたいけど、今日はチャーハン気分なのでチャーハンをお願いします。
待つこと5分ほどで着皿。

KIRAKU

ほぉ、モッコリしたキレイな山形が特徴的。お玉からはみ出した「土星の輪」部分はないタイプ。
色合いは濃い目、具は玉子、チャーシュー、揚げネギを確認。

KIRAKU

ではさっそく一口。
「パラパラ」→「しっとり」→「べっちょり」のチャーハン三段活用があるとしたら、このチャーハンは最終形態に近いかな?
米自身が含む水分の重さはないのですが、炒め油が若干多いっぽいですね。ただギトギトにオイリーなわけではないのでギリ許容範囲内。

KIRAKU

味付けは塩胡椒ではなく、ラーメンダレを主に使ってる感じ。いわゆる醤油チャーハンですね。
色は濃いめですが塩気はそれほど強くはなく、濃い味が好きな若者には薄く感じるかも?卓上の胡椒を振るとアクセントが付いていい感じです。
また、所々焦げた揚げネギが入っているのはさすが、喜楽/永楽系。このちょいビターな香ばしさがいいですね。

具は前述の揚げネギ、玉子、チャーシューとシンプル。
チャーシューはかなり少なめで、あったとしてもパサ系。全体的に見ると「ほぼ玉子」という印象ですね。

量は300g程度かな?成人男性だとちょい少なめに感じるかも。ハラペコ時ならラーメンとセットでもいけそう。
まぁでも、この値段であれば必要十分、といったところでしょうか?

スープはザ・スタンダードなチャーハン付属スープ。
ちょっと油っぽいチャーハンなので、口をリセットしてくれる重要な役割。

KIRAKU

ちょうど食べ終わった頃、隣のテーブルから紫煙が上がり始めました。そそくさとお会計してごちそうさん。
すごく旨いわけではないけど、これはこれで完成されているというか、枯れた感じが魅力の街中華チャーハンでした。
次回は揚げネギ入りのラーメンをいただき、その歴史を感じてみることにしましょう。

--

中華料理 喜楽中華料理 / 大森駅大森海岸駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2803-f8076610

<< topページへこのページの先頭へ >>