FC2ブログ

冷かけうどん(380円)+ぶためし(220円)@大門・甚三

2017-11-20
浜松町でランチタイム。
今日はうどんな気分なので、都心でもトップクラスの人気を誇る行列店「丸香」出身という「甚三」さんへ。

JINZA

平日14:20到着。店内は1/3ほどの入り。
今日はお出汁をしっかり味わいたかったので、券売機で「かけ」の食券を書い、スタッフに渡すタイミングで「ひやで」。
また、こちら林SPFを使った豚肉メニューがイチオシのよう。ただ、今日は豚肉で出汁を汚したくない気分だったので、豚単体で楽しめそうな「ぶためし」をポチ。
ホールのスタッフさんの対応はとても丁寧。カウンター空席へ着席し、4分ほど待ったところで着丼です。

JINZA

ほぉ。。クリアな出汁の中に極太でエッジの立ったうどんがきれいに畳まれており実に旨そう!
またぶためしは、自慢の肉うどんの肉をご飯に載せ、中心に温玉を載せたもの。小ぶりだけど、これで220円でいいの?

JINZA

ではまずはお汁からズズズ。
お汁は、いりこの甘味が効いた本場仕様のお汁。
節で整えてはいると思いますが、このクラスの讃岐うどんのベンチマーク「おにやんま」より煮干感が強く、かなり好みな汁ですね。丸香の冷や出汁はまだ飲んだことないけど、たぶんこんな感じなのかな?

JINZA

うどんは純讃岐風とのことで、もっとしなやかでギューンと伸びる麺を想像していましたが、意外に極太ゴワ系の剛麺でびっくり。
ただ、噛めばしっとりとした弾力を感じられ、なかなかいい感じ。麺味は意外に控えめで、食感の方が印象に残ったかな?
おにやより麺は太く硬く、量もかなり多めに感じました。

JINZA

全体的に、おにやのかけうどんが今や300円であることを考えると、店内の居心地やスタッフの質含めて+80円なら安いでしょう。
途中、卓上のすだち酢?を一回しするとさっぱりした感じに。でも個人的には不要かな?

さてぶためし。
前述の通り、こちらの豚肉は全て林SPFだそうで、肉うどんに使うとはなんとも贅沢!
ぶためしに載せられたバラ薄切りは、路麺の肉そばでよくあるように煮込みすぎてパサパサになったものではなく、しっとりプルプル。しかも脂の甘味が強く非常に旨い!さすがブランド豚ですね~。

JINZA

味わいはうどんに載せる前提でちょっと控えめなので、卓上のカエシを一回しすると、温玉の黄身(こちらもブランド鶏らしい)の甘味と相まって、最高のTKG&豚ごはんとして楽しめますね!
豚の量もそこそこあるし、ご飯はしっかり150g程度。これで220円は正直バーゲンプライスだと思います。

ということで、サクッといただき大満足でごちそうさま。
いやぁ、初回訪問がいきなりカレーうどんだったので今回はじめて素のうどんをいただきましたが、かなり満足度高かったです。再訪は確実。
都内のこのクラスの讃岐うどん、おにや独走時代から群雄割拠時代に変わりつつあるようですね。

--

自家製さぬきうどんと肉 甚三


関連ランキング:うどん | 大門駅浜松町駅芝公園駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2800-2ea44917

<< topページへこのページの先頭へ >>