FC2ブログ

チンピラチャーハン(750円)+ピリ辛ほぐし豚(150円)@野方・味噌麺処 花道

2017-11-16
ミシュランビブグルマン掲載、都内屈指の味噌ラーメンの名店と言っていい花道さん。
ラーメンがめっちゃ旨いのは当然で、それだけじゃなく、都度鍋を振って作ってくれる「チャーハン」も無茶苦茶ハイレベルなんですよね。

しかし、先日店主さんのツイートにて「近々メニューをフルリニューアル」との告知が。
そのリニューアルでは、改めてラーメン屋としてのこだわりを明確にするためか、なんとチャーハンがレギュラー落ちするとのこと。
個人的なチャーハンランキングで5本の指には入ると思っている此方のチャーハンが食べられなくなるなんて!?
11/20までの提供となることのことで、大至急野方へ。

平日20:30到着。店内満席、外待ち2。
後客続々で、待ち椅子が溢れるほどの行列に。タイミングよかったみたいです。
回転は速く、待つこと5分ほどで席が空き店内へ。

HANAMICHI

こちらのチャーハンは、ノーマルチャーハンと、そのピリ辛仕様であるチンピラチャーハンの2種類。
食べ納めするにあたっては、やはりここでしか食べられないチンピラをチョイスしましょう。
また、せっかく最後だから何かトッピングしたいなぁ。。いつもだとチンピラ玉子(ピリ辛味噌ダレにうずらの茹玉子を漬けたもの)なんだけど、他に何か・・とボタンを眺めると。あ、「ピリ辛ほぐし豚」これだ!
カウンター席へ着席し食券を手渡し。同時にスタンプカードにスタンプを押してもらいます。

店内のお客さんを眺めると、地元の常連さんっぽい方がほとんどで、チャーハン率が意外に低くびっくり。
皆さん、チャーハン食べ納め的なことよりも、自分のお気に入りの味噌ラーメンを黙々と食べに来る、という感じですねw

今日は厨房に店主さんはいらっしゃらないですね。
カシャン、カシャンといい音を立てて中華鍋が振られ、待つこと7分ほどでチャーハン着皿。

HANAMICHI

・・あら?チンピラチャーハンってこんな赤かったっけ??
こんもり盛られた赤い炒め飯の麓には見るからに辛そうな赤い液体が。しかしまぁ、味噌と唐辛子のむちゃくちゃいい香りが食欲を刺激します。つか、店主さんに比べ、調理や盛り付けは若干ラフな感ありますねwあと、以前食べた時に載ってた紅生姜はなくった模様。
ちなみにチャーハンにはラーメン用の味噌スープが付きます。
また、トッピングで頼んだ「ピリ辛ほぐし豚」、ボリューミィで辛そうで、思いの外(・∀・)イイ!!

HANAMICHI

では早速チャーハンをいただきましょう。
いやぁ、やっぱ花道のチャーハン旨いなぁ。

HANAMICHI

チンピラチャーハンは、おそらくチンピラ玉子とかを漬け込むピリ辛味噌ダレ(?)でご飯を炒めたもの。
このタレ、大量のザラッとした唐辛子が入ってるだけでなく、味噌の塩気とコクも併せ持つ万能タレ。
前回に比べると、辛さがかなりアップしてるように感じるのは気のせいか?
麺類と飯類は微妙に辛さの感じ方が違うので一概には比べられないんだけど、舌に残る辛さとしては、中本で言うと少なくとも味噌卵麺クラス。ニュータンタンだったらめちゃ辛クラスですね。「激辛チャーハン」と定義して差し支えないでしょうw

ただ、辛いだけでなくタレの旨味もしっかり感じられるので、辛味噌チャーハンとして間違いなく旨いです。
タレで炒める感じなので、ラードで炒める一般的なチャーハンと異なりパラパラな感じにはならず、ふっくらしっとり系。
タレが混ざってない白いご飯部分があるのはご愛嬌といったところか。

HANAMICHI

また此方のチャーハンの魅力は、ゴロゴロと入ったチャーシュー。
中華屋さんのチャーハンは、小さなチャーシューの端切れやハムだったりしますが、こちらは1cm角の切り落としバラチャーシューがゴロゴロ。脂身に当たった日にゃ、そのホロトロな食感と旨味で最高に幸せな気分に。
その他の具は、玉子と小口切りの白ネギ、と構成は非常にシンプル。

HANAMICHI

そして今回追加投入した「ピリ辛ほぐし豚」。
こちらも、チャーハンのチャーシューとほぼ同じサイズのバラ切り落としチャーシューが、チンピラダレにたっぷり浸かったもの。これは全然「ほぐし」なんかじゃない!
これをチャーハンの上から全量投入!

HANAMICHI

・・・端的に言って最高じゃないか(*´﹃`*)

チンピラチャーハン、肉マシマシバージョンの完成です。
こうすることにより、口へ運ぶ一口一口に漏れなく1個のチャーシューが入ってくるという富豪コンテニュー状態に。このトッピング、これからチンピラチャーハン食べる方には超絶オススメかも。
辛い!旨い!辛い!旨い!額から汗が吹き出ますが、もうレンゲが止まりません。

ここのチャーハンの嬉しい所は、サイドメニューとしての位置づけではなく、ボリュームもしっかり1食分あること。
米の量は450gということで、マイ胃袋キャパ的には、チャーハンのベストな量です。
辛いのでいつもより時間をかけてゆっくり食べたからか、食後の満腹感はかなりのものに。

HANAMICHI

スープは前述の通り、こちらの味噌ラーメンのもの。挽肉とシャキシャキモヤシが入るのが特徴的。
ただ、前回も感じたんだけど、むちゃくちゃしょっぱいんですよね(;´Д`)

HANAMICHI

おそらく、野菜と麺を入れる前提でこの濃度になっていると思われますが、麺が入らず野菜も少々なので、原液に近い濃さ。
しっかり焼かれた味噌の味わいと豚骨のコクが最高に旨いんだけど、割スープお願いしたいかもw

HANAMICHI

とは言え、最終的には全皿キレイに空っぽになり、満腹、大満足でごちそうさま。
いやぁ、これが食べられなくなるのは心底残念ですが。。。味噌ラーメン屋としてのあり方を突き詰めるという判断なら致し方なし。これからも応援したいと思います!

--

味噌麺処 花道


関連ランキング:ラーメン | 野方駅都立家政駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2793-59fa8d99

<< topページへこのページの先頭へ >>