FC2ブログ

焼きラーメン・ハイカロリー・ヤサイニンニク(850円)@新馬場・肉汁らーめん 公

2017-11-06
今晩は近所で晩飯&二郎腹なので、ホームの品川二郎へ。。おぉう、行列20越えかorz
まぁ近いし、今日はスルーしてまた来ますか。
ただ、二郎モードの食欲になってるので、代打は。。久々に新馬場の「」さん行ってみましょうか。
こちら、年中無休で通し営業ということで、いつ前を通っても開いている印象があり、こういう安心感って飲食店ではすごく大事ですよね。

平日19:35到着。前客4、後客2。
こちらはいわゆる二郎インスパイア店ですが、名物は「焼きラーメン」と「豚一本ラーメン」になるのかな?
前者はその名の通り、二郎タイプの麺を茹でてから焼きそばのように鉄板で炒め、ラーメンカエシで味付けるというなかなかジャンクなメニューになります。あ、後者もその名の通りですね(チャーシューがまるまる一本分載ります)w

KIMIKIMI
KIMIKIMI

では、食券で焼きラーメンのボタンをポチ。
カウンターへ着席し、食券を出すタイミングで「ハイカロリーで、ヤサイニンニクでお願いします」とコール(コールタイムは食券提出時です)。
こちらの焼きラーメンは、ジャンク度が3段階に設定されており、
・スタンダード →麺を鉄板で炒めるが、上に載せる野菜は茹で野菜
・ハイカロリー →麺と野菜の両方と鉄板で炒める
・ハイパーカロリー →ハイカロリーに背脂マシマシする
今日は無難にハイカロリーでいきましょう!

オペレーションを見ていると、茹で上がった麺を鉄板で炒め丼に入れてから、今度は野菜を炒めてその上に載せるオペレーション。10分ほどで着丼です。
見た目はほぼソース焼きそばですな。ただ、上に載る豚と漬けニンニクが焼きそばとはちょっと違うぞ感出してます。

KIMI

では麺を引き出し一口。
ムチッとした極太平打麺は加水低めで、家系の麺のようにかなり短めなのが特徴的。
引っ張り上げやすいけど、もうちょっと長い方が啜る楽しみがあるかな?

KIMI

一口食べて口に広がるのは「焦げ味」。
香ばしさを通り越した苦味と炭の香りで、スープや麺の味が完全にマスクされちゃいますね。マー油的な雰囲気を狙っているのなら明らかにやりすぎ。
これ、鉄板をキレイに保ってないか、よっぽど火の入れ方が下手かどちらかだけど、麺やヤサイはそこまで焦げ焦げじゃないので、やっぱ前者なのかな?前に焼いた時の焦げカスが積もり積もって。。という感じで、かなりイケてない感じです。

KIMI

丼の底には醤油&ソースのような味わいのタレと油がヒタヒタと。
旨味がなく、かつ味が濃く単調なので、途中から飽きが来ます→卓上の白胡椒で味変。このメニューには黒胡椒の方が合うだろうなぁ。

KIMI

ニンニクは漬け刻みニンニク。こうすることで酸化を防げますから、二郎ほどニンニクが回転しないお店にはいいアイデアだと思います。
ただ、ニンニクコールだけではかなり少なめですね。マシマシにすればよかった。

KIMI

豚は厚さ1cmほど、ミッチリした食感のロース煮豚スライスが2枚。
ちょっと作ってから時間を置いたような落ち着いた仕上がり。量的にはこれ系にしてはおとなしめですかね(あ、でもシナジよりは多いですw)。

どうやら焼きラーメンはラーメンの「中」サイズになるようで、麺量は240g。
ヤサイもマシにしては少なめ(マシマシコールした方のはそこそこいい盛りでした)なので、シナジを食べる気マンマンだった今日の俺の胃袋には物足りない感じでごちそうさま。

うーん、その構成から考えたらまず間違いなく旨い料理のはずなので、今日はかなり下ブレだったのかもしれません。
また、炒める手間がかかるにせよ、デフォ+100円はちょい割高感あるかな?
卵黄とかチーズとかがトッピングされてたりすると、コスパも優秀で、かつ飽きずに最後までおいしくいただけそうですね。
またいつか、リベンジですな。。。


--

肉汁らーめん 公


関連ランキング:ラーメン | 新馬場駅北品川駅天王洲アイル駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2783-d79a42f1

<< topページへこのページの先頭へ >>