FC2ブログ

かつカレー(1200円)@大森・とんかつ鉄

2017-10-27
大森で朝一の打ち合わせが終わり、中途半端な時間に開放された昼前。うーん、早めにランチ食っておきますか。
となれば、ピーク時は行列必至のお店を狙っとくのが吉。
大森+行列=麦苗!
ということで、麦苗さんに着いたのは11時・・・ぐはぁ、シャッター行列がすごいことに。
こりゃダメだと踵を返し、11時から開店している人気店「」でトンカツでも食べましょう。

平日11:05到着。前客0、後客0。
前回ランチサービスのロースカツ定を頂いたので、今日は変化球で「カツカレー」にしてみましょう。
カウンター席へ着席。口頭オーダーししばし待ちます。

KUROGANE

厨房からカツを揚げる音が聞こえ始め、10分ほどで着皿。
ほぉ、なかなか麗しいルックス。カツをライス上に配置しルーをかけない「いっぺこっぺ」タイプですな。
トンカツ屋として、カツには自信があるということでしょうね。

KUROGANE

では、早速カレーから。
おぉう、トンカツ屋のカレーというより、「カレー屋のカレー」的な凝った感じです。
シャバ系のカレーは色が濃い目で、タマネギをしっかり炒めてスパイスを仕込んだ欧風系。カツを浸けるソースとしても結構いい感じです。

KUROGANE

市販のルーでお茶を濁さず、ベースの旨味、スパイスの香りがしっかり立ちます。
そして口に入れた瞬間の独特な甘味、ほろ苦さのような感じは。。コーヒーとかチョコとか、それ系の隠し味のような気がしましたがどうでしょう?
具はほぐれた豚肉がたっぷり。豚の旨味もしっかり。

KUROGANE

トンカツは、高温でしっかり揚げた感じのザックリした色濃いめの衣。パン粉は粗め。
多くのトンカツ屋のカツカレーでそうですが、豚は定食のカツより明らかにランクダウンしたもの。
厚みは約半分で小さめ。筋も多く噛み切りにくいです。量は60〜70gくらいかな?

KUROGANE

せっかくの無菌豚なんだから、もっとレアぎみに仕上げてほしいのですが、しっかり火を通してあり歯ごたえは固め。脂身は端に少し。
うーん、ロースカツ定のカツのレベルの高さに感心したこともあり、こちらにも期待していたのですが、ちょっと惜しい結果に。

KUROGANE

カレーがかかっていないので、カレーに浸けてよし、卓上のソースや塩でカツライスとして食べてもよし、と両方の食べ方が楽しめるのがこの配置のメリット。
ちなみに塩はアルペンザルツとピンク岩塩があるのですが、個人的には旨味の強いピンク岩塩が圧倒的に好みでした。

キャベツは少なめですがシャキシャキで新鮮。定食だとお替わり自由なのに、カレーはできないのですねorz
そういえば定食はご飯もお替わり自由だったのに。。うーむ、これはちと格差を感じるかな。せめてご飯大盛り無料にしてもらえるとうれしいかな?
ということで、サクッといただきごちそうさまでした。

同じ城南地区のライバルであり、個人的に現在東京でも屈指と言っても過言ではない「いっぺこっぺ」のカツカレーと比較すると、カレーに関しては、庶民派カレー的ないっぺこっぺに対し、ちとヒネりが見られるのは魅力。ただカツのボリューム、クオリティ、C/Pに関しては、全く太刀打ち出来てないかな?
カレー自体には魅力があるので、いっそメンチorコロッケorソーセージカレーとかを700~1000円くらいで出してもらえると、他のとんかつ定食との差別化が図れるかもしれませんね(客単価は落ちちゃうけど)。

--

とんかつ 鉄


関連ランキング:とんかつ | 大森駅大森海岸駅


関連記事
tag : 大森
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2770-6cfdb9cd

<< topページへこのページの先頭へ >>