日替わり(880円)@武蔵小山・さんきち

2017-10-14
久々にムサコでランチタイム。
狙いは「さんきち」さんの日替わりです。

揚げ物を中心とする洋食屋である此方、味とボリュームには文句ないのですが、価格的にちょっとだけ高めなのが玉に瑕。
ただ、ここの日替わりはボリュームと低価格を両立した絶品であるとの話(その後、夜の部に行った時にはなかったのでランチタイム限定?)。

平日13:30到着。
いつも店内混雑や行列のイメージですが意外にも前客2、後客3。
ちょいピークを外せば快適に食事ができるようです。

SANKICHI

カウンター席へ着席し、おばちゃんに日替わりをお願いします。
本日の日替わりは、盛り合わせサラダ、冷豚おろしレモンポン酢、アジフライ、シャケフライ、ミンチカツと豪華!
揚げ物は都度揚げなので、5分ほどで着皿。
ウホッ、いいね!この、小さめの皿に立体的に盛りつけられたおかずの盛り盛り加減は超テンション上がるなぁ。

SANKICHI

定食屋はまず、ご飯と味噌汁が旨いのが基本条件。
ご飯は、茶碗の直径が小さいので錯覚を起こしますが深さがあるもので、軽く250gはありそうな丼飯。ちょい固めですがもっちり炊かれた米は旨いですよ。
味噌汁は豚汁。薄切りにしたごぼうやニンジンがたっぷり。

SANKICHI

さて、ではおかず皿へ。
まずはサラダのボリュームがハンパないですね。キャベツ、レタス、トマト、カイワレ等盛りだくさんで、サウザン的なオリジナルドレッシングがかかっています。
シャッキリ新鮮な野菜はがたっぷり食べられるのは慢性野菜不足にとってはありがたい。

揚げ物はどれも小ぶり。ただ3つあるから十分満足。

SANKICHI

メンチはフワフワ。最初からソースがかかっています。

SANKICHI

魚フライはシャケとアジ。
願わくばタルタルがもっとたっぷりかかっててほしかったかな?

SANKICHI

冷豚しゃぶは、レモン風味のつけられた大根おろしと併せてさっぱりいただけますね。
下には薄切りオニオンがたっぷりで血液サラサラ!

ということで、お腹パンパン、大満足でごちそうさまでした。
いやぁ、これだけの量と質を両立しながらお値段880円!もうここに来たらこのメニューしか頼まなくなりそうですわ(;´Д`)

ちなみにこちら、蒲田(蓮沼)の「サンキチ」からの暖簾分けだそう。
そして、こういったサンキチ独立組は城南を中心に多数点在しているそうで、ヒントは「似ている屋号」「同一レシピのドレッシング」なんだとか。
うーむ、そんな謎かけされたら、探したくなっちゃいますよね!

--

さんきち


関連ランキング:とんかつ | 武蔵小山駅西小山駅戸越銀座駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2751-692095d3

<< topページへこのページの先頭へ >>