ラーメン・麺固め(750円)@渋谷・横浜家系 侍

2017-10-14
渋谷でのランチタイム。
華僑経営の似非家系じゃないしっかりした家系ラーメンが食べたい気分だったので、なかなかいい評判を聞く「」さんへ初訪問。
こちらの系譜は、本牧家→六角家→たかさご家→町田家という流れだそうで、一応正統派家系と言って差し支えないでしょう。

休日14:30到着。
こんなハンパな時間なのに厨房を囲むカウンターはほぼ満席でしたが、一番奥が1席空き。後客も続々。
まずは券売機でメニューをチェック。

SAMURAI

二郎系っぽい「王」や「こん塩」、また油そばもあるのが面白いところ。しかも油そばは600円というプライシングが魅力ですな。しかし今日は「ラーメン」。
着席し食券を提出。「お好みは?」と聞かれるので「固めで」。

店内は若干雑然としてる感じ。客層はオールヤングメンズ。
厨房を見ると、店内の寸胴でガンガンにスープを炊いてて好印象。
しかも営業中の寸胴にどんどん背ガラを放り込んでいくワイルドな製法です。このラフな感じ、嫌いじゃないですよw(スープのブレ幅も大きくなるだろうけど、当たれば大儲け!)

SAMURAI

5分ほどで着丼。
家系スタンダードな茶濁スープ、上にはチャーシュー、レンソウ、ネギ、海苔といったフォーマット。
家系ってたいてネギをスープ注ぐ前に入れる印象がありますが、こちらは後載せなんですね。

SAMURAI

ではスープを一口。
おっ、なかなかいい感じです!
ペットリと油っこさが際立つストロングなスープは、豚骨の髄の旨味と鶏油の香りに満ちており、カエシより出汁の旨味が先行する骨太な構成。

SAMURAI

デフォで油が多めなので、味濃い目にした方がバランス取れるかも?これはセントラルキッチンの似非家系には出せない硬派な味わいですな~。塩梅ははっきり強め。
セントラルのスープが悪いとは言わないですが(毎日同じクオリティを保つのも飲食店の努めだし)、今日食べたかったのはこういうの!

SAMURAI

麺は酒井製麺の中太平打。固め指定しましたが、ちょうどいい茹で加減ですね。
もっちりした歯ざわり、スープの絡みも良く、短くすすりやすいのがこの麺の魅力。

SAMURAI

チャーシューはワシッとしたロース煮豚スライス。
かなり固く噛み切りにくいのがちょい残念かな。

SAMURAI

レンソウはいわゆる家系仕様のデロンとしたもの。味わいはないですが、たっぷり入ってたのはうれしいところ。
海苔はデフォ3枚。香りは弱いけれど、かなり厚めのもので、スープに浸しても全く破れない優れものwこれは家系に抜群に合う海苔です。
卓上にはキューちゃん漬けも常備されており、こりゃライス50円、海苔増し50円も頼んで目一杯楽しむのが正しい楽しみ方でしょうな。

サクッと食べきり満足でごちそうさま。
うん、吉村家直系ともまた違いますが、これぞ家系ラーメン!というワイルドな一杯、堪能しました。
渋谷はあまりラ的には魅力のない街という認識ですが、西口側に横横家出身の「大和田」ができたり、都内ターミナル駅としては意外と家系には恵まれきたのかも?
似非家系も多いエリアですが、それに惑わされず、ぜひ本物の味を味わってほしいですね(なぜか上から目線w)。

--

横浜家系 侍 渋谷店


関連ランキング:ラーメン | 渋谷駅代官山駅


関連記事
コメント:
タムさん

ご無沙汰しております、そしていつも参考にさせて頂いております。
コチラの「侍」個人的にもツボなお店何ですよね〜。
マイルドに仕上がった家系ではなく、凶暴な味わいのスープがワイルドで好きです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[2017/10/18 21:03] | fat #- | [edit]
>fatさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうそう、屋号に「〜家」って付いてないから、最初は似非家系かと思っていたんですが、
いざ食べてみたらびっくり!めっちゃ硬派な家系スープで超気に入りましたよ。
「侍家」にすりゃいいのにw

個人的には「侍王」がかなり気になっております!
[2017/10/20 22:53] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2750-e65d40f3

<< topページへこのページの先頭へ >>