FC2ブログ

わらじかつ丼(870円)@秋葉原・らーめん紬麦

2017-10-10
秋葉原でのランチタイム。
気分はなんとなくご飯物。。カレーかな?
ということで、一度食べてみたかった「カレーノトリコ」に行ってみるも店外大行列orz
うーむ、、並ぶ時間はないので、さきほどお店前を通った際、店外POPに「わらじかつ丼」なんて文字を見つけた紬麦さんへ踵を返します。

こちら、今やラーメン激戦区のアキバ、しかも昭和通りの向こう側、さらに怪しげな雑居ビルの地下という不利なロケーションながら、オープン以来着実にファンを増やしている実力派ラーメン店。
・・・そこが何を血迷ったか、突然の秩父名物「わらじかつ丼」??
店主さんの出身が秩父、とかなんですかね?それとも秩父を舞台にしたアニメとアキバの関連性とか??
まぁいいや、とりあえずわらじかつ丼好きだし、食いに行って確かめましょう。

TSUMUGI

平日13:50到着。前客5、後客4。この立地なのに立派な客入りですな。
店外の券売機で「わらじかつ丼」をポチし店内へ。カウンターへ着席し食券を渡します。
ちなみに、デフォでカツ2枚、1枚だと750円、3枚に増量すると990円とのこと。カツ1枚120円ということですな。
厨房は、寡黙な店主さんのワンオペ。ホールは確かそのお母様でしたっけ?ほんわかした接客が心地よいですね。

厨房を見ると、注文を受けてからフライパンでカツを揚げ始める模様。
待つこと10分ほどで着丼です。スープも付属。

TSUMUGI

ほぉ、現地同様蓋付きの丼。この傾いた蓋にテンション上がりますよねw
ではオープンザ蓋!

TSUMUGI

ほぉ、なかなかボリューミィなカツが二枚!その傍らにはたくあんの姿も。
では現地の流儀(?)に習い、まずは蓋にカツ1枚を避難させつついただきましょう。

TSUMUGI

カツの衣は細かめでザクッと硬め。この時口内炎があったのでちと痛ェw
揚げたてで熱々ですが油切れは若干悪いです。
カツはタレにドブ浸けされており、タレは少々辛口で醤油味が立った物。個人的にはもうちょっと甘口にシフトしたコクの強いタレが好きかな?(以前秩父「安田屋」で食べた時のタレの感想は「歌舞伎揚げの味!」でしたw)

TSUMUGI

肉はモモ?脂身がほとんどない部位で、チキンカツか!と言いたくなるパサッとした質感。
厚みは本場秩父の紙カツ的なやつよりやや厚いですね。ボリュームは結構あって、1枚100gちょいはあったかな?かなり食いごたえはあります。

米は硬めに炊かれ悪くない感じ。300g程度で必要十分。
カツのボリュームに対しちょっと少なめですが、カツ1枚に対しては多すぎなので、やっぱカツ2枚で食うのがオススメかな?
つか、タレがペラいのでご飯泥棒というわけにはいかないのが惜しい。せめてカツを載せる前にちとタレをご飯にかけてくれると、ご飯が進んでうれしいかも?

TSUMUGI

ちなみにセットのスープは、ラーメン用に使ってる魚介べースの塩スープかな?
鰹がしっかり効いてて、この手のおまけスープにしては異様にクオリティが高く旨い。さすがラーメン屋!

ということで、サクッといただきごちそうさま。
タレの味わいは若干好みと外れましたが、なかなかしっかり再現された秩父名物だったと思います。
ただ、まぁラーメンが800円スタートのお店なのでしょうがないのですが、全体的にちと割高感はあるかな?
せめて安田屋と同じ800円、できれば肉をもっと薄くしてよいのでカツ1枚でワンコイン、2枚で700円くらいだと、界隈のランチとしてはかなりうれしいんですが。。。(;´Д`)

・・・あ、なんでわらじかつ丼を始めたのか、聞くの忘れちゃった(^_^;)

--

らーめん紬麦


関連ランキング:ラーメン | 秋葉原駅岩本町駅末広町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2744-75db901a

<< topページへこのページの先頭へ >>