FC2ブログ

夏のラーメン・麺固め(750円)+ライス(サービス)@鹿島田・らぁめん元住家

2017-09-26
新川崎でのランチタイム。
できれば川崎やムサコに出たかったのですが、あまり時間がないので近隣エリアでお店をサーチ。
ほぉ、千家→濱壱家からの独立という「元住家」さんがありますな。
しかもこちら、家系なのにつけ麺を出しており、そのつけ麺は明らかに「満来/ほりうち」系な雰囲気。
ということで、なかなか面白そう!と訪問。

平日13:35到着。前客2、後客1。
お店前のメニューPOPを確認すると。。おっ、カレーラーメンとか「夏のラーメン」なる謎のラーメンもあるんですな。
他のメニューは冬でも食べられるし、夏のうちしか食べられないであろう「夏のラーメン」いってみましょう、と券売機でポチ。

MOTOSUMIYA

客席レイアウトは厨房を囲むL字カウンターと4人卓が複数。
店内は非常に清潔で、厨房のステンレスなんて一つの油ハネもなくビッカビカ。家系ラーメンにしてはクリンリネス最高ですね!
厨房は店主さんと女性スタッフの2名体制。中国系の方かな?
食券を出すタイミングで「お好みはありますか?」あ、このメニューも家系の仲間なのか。んじゃ固めでお願いします。
「ライスは無料ですが?」それを断る勇気は俺にはないw

MOTOSUMIYA

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ。。これが「夏」ですか!
スープは家系ライクな茶濁で、かなり厚めの鶏油が表面を覆っています。
チャーシューは薄切りではなくブロック状に。その上にこんもりと白ネギの輪切りを載せ、上から粗挽きのカイエンペッパーを降らせたもの。麓には白ゴマ、レンソウ、海苔3枚。

MOTOSUMIYA

高さのあるトッピング配置、そして唐辛子の赤とネギの白、レンソウの緑が鮮やかで、なかなか旨そうに見えますね!
このカイエンペッパー、水面にフワリと落ちた桜の花びらのような、はたまた散りゆく紅葉のような、なんとなく憂いを感じるもので、去りゆく夏を見送る今の季節にもなんとなく合いますね(詩的すぎw)。

MOTOSUMIYA

さて、どこらへんが夏なのかな?とスープを一口。
あ、そういうことですか。
構成としては、デフォの家系スープにお酢を入れたシンプルなものですね。
お酢は黒酢や果実酢等凝ったものではなく、普通の米酢。ムワッと鼻に抜ける酢の香りとキュッと舌がすぼまるような酸味が特徴的。
酸味は隠し味レベルではなくはっきりと主張しますが、過度な感じはなくさっぱりしてていいですね。酸っぱいの好きにはもっとお酢を入れてもいいくらい(卓上にあります)。
家系の味変アイテムとして、豆板醤と並び定番であるお酢が最初から入ってるようなもんなので、両者の相性は間違いないです。

MOTOSUMIYA

ベーススープの旨味がしっかりしているので、全体のバランスはなかなか良好。
横横家の遺伝子とも言える白ゴマの存在感もなかなかです。デフォで鶏油多めなので口当たりはコッテリ、唇がペッカリ。
カイエンペッパーはそれなりに量が入っていますが、辛味はそれほど強くなく、彩り要員って感じかな?

MOTOSUMIYA

麺は丸山製麺製、ポクポクとした食感の中太ストレート。
家系らしく短いもので啜りやすいですな。固め指定なのでしっかりコシが持続します。麺量は150g程度。

MOTOSUMIYA

チャーシューはロース煮豚で、端切れを厚く切り出したもの。
この形状、ペライチよりも食べ応えあっていい感じかも。肉自体も臭みなく柔らかくまずまず旨い。
白ネギはフレッシュなもので、シャキシャキの歯ごたえとほどよい辛さがいいですね。結構ネギにはこだわっているお店のようで、確かにこのネギ旨いです。
レンソウは冷凍かな?デロ系ですが彩りアップアイテムとして重要。
海苔は小ぶりな正方形のものが3枚。香りはそれほどよくないですが、スープを吸わせ、豆板醤を塗ったライスを巻いて食べると家系お約束、最強のご飯泥棒に!

MOTOSUMIYA

ということで、満足でごちそうさまでした。
酸辣系のスープなので、やっぱりしっかり汗だくになります。ただ店の外に出ると、湿度低めの秋の空気と金木犀の香り。もう夏も終わりだなぁ、なんてしっとりしてみたりw

このメニュー、安直に家系にお酢をぶっこんだバリエーションではなく、トッピングもデフォの家系から変えてあり、単独メニューとしてしっかりキャラが立った一杯でしたね。
この味が「夏」かどうかはともかく、コレ、好きな人は一年通しで食べたい味わいかも。

初訪でいきなり変化球で攻めてしまったので、次回はデフォのラーメン、それから満来ほりうち系の「なざる」も試さないとですな!再訪は確実。


--

らぁめん元住家


関連ランキング:つけ麺 | 鹿島田駅新川崎駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2728-b2088121

<< topページへこのページの先頭へ >>