伊勢うどん(300円)@大阪市・大阪上本町/上六庵

2017-09-24
大阪から奈良方面へ移動の途中、上六で一杯。
なんでも、近鉄の駅ナカにある路麺店でお伊勢名物の「伊勢うどん」が食べられるんだとか。
さすが、伊勢直通特急が走る駅ならでは、というチョイス!
伊勢うどん、実はまだ食べたことがなく、今回こちらの店で初体験になります。

UEROKU ANUEROKU AN

平日12:30到着。ちょうどお昼時だったので、オールスタンディングの店内はオッサンで溢れています。
外の券売機で「黄そば」や「かすうどん」「びっくりうどん(何それ?)」なんかにも惹かれつつも初心貫徹「伊勢うどん」をポチ。
食券を出すと「少し時間かかります」との声掛け。全然OKです。

自陣を確保し4分ほど待ったところで呼び出しがかかりセルフ着丼。
ほぉ。。。第一印象は「汁少な!麺少な!」ですwうどんの上には青ネギのみ。

UEROKU AN

丼の中心には極太の真っ白いうどんが鎮座。タレは底に沈んでおり、混ぜて食べるみたいですね。
ではよく混ぜて。。って!

UEROKU AN

箸で麺を掴むと、自身の重さで麺がちぎれるほどのレロレロの茹で具合w
なるほど、これが伊勢うどんか。。。

UEROKU AN

うどんは極太。茹で置きをさらに茹でるのかな?長時間茹でたことで、ムッチリやプリプリを通り越し、なんというかポコポコ、プツプツした食感w
水分を吸い過ぎて膨張したうどんは表面にヒビが入っており、麺を持ち上げるとそこから裂けちゃうんですね。

UEROKU AN

料理的には超シンプルなので、当然味のキーになるのはタレ。
厨房では、小分けパックになっている業務用伊勢うどんのタレを開けて注いでいましたが、色はすごく濃いんだけど尖りはない醤油風味に、わずかに魚介の旨みと香りも感じたかな?
すごくうまいわけじゃないんだけど、なんだか面白いですね~w
後半天かすを入れようと思ったんだけど、天かすは配膳口にしかなく、そこまで行くのはかなり遠い。。ということであきらめ、サクッと食べきりセルフ下膳でごちそうさま。

まだ本場で食べたことがない「伊勢うどん」、はたしてこれが本物の味わいなのかわかりませんが、なかなかおもしろい料理でしたね。
次回食べることがあれば、生玉子をトッピングして食べたいかも。

--

上六庵


関連ランキング:うどん | 大阪上本町駅谷町九丁目駅鶴橋駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2726-904c6caa

<< topページへこのページの先頭へ >>