みそらーめん(880円)@大阪市・南森町/らーめん颯人

2017-09-22
今日のランチは大阪南森町
相当旨い札幌系味噌が食べられるお店があるということで、颯人さんへ。
実は一度夕方に来て早じまいでフラレているので、今回は確実に食べるためオープン時間に訪問!

平日11:05到着。さすが人気店、すでに暖簾が出ており店内満席、外待ち6。
まぁ、ここまで来たら並ぶしかないですな。。。並んでいる間にスタッフさんが注文を聞きに来るので、味噌をお願いします。

HAYATO

回転は遅めで、35分ほど待ったところで呼び出され着席。
店内は厨房に面したカウンターのみ。オペレーションは店主さん&助手さんのツーオペ。
職人肌っぽい店主さん、ちょっとピリついた雰囲気を醸しだしてます。ちょっとこちらも襟を正さないといかん感じ。

オペレーションを見ていると、中華鍋でモヤシと挽肉を炒め、そこにスープを注いでから味噌を溶かし入れていきます。厳密には味噌をラードで焦がす純すみ風の調理ではないのね。
これと並行しで麺を茹で、丼にスープ注ぎ、麺を上げて投入、中華鍋に残っていたモヤシを載せ、チャーシュー等のトッピングを載せて完成→着丼です!

HAYATO

ほぉ。。ちょいラードが乳化した感じの茶濁スープ。
その上にはチャーシュー、ネギ、柚子皮。モヤシはややスープ内に沈んでいます。

HAYATO

ではスープを一口。
うん、生姜がかなり強めにきいたドロリとした味噌スープですね。
味噌の尖りはなく、生姜の辛さとニンニク、一味、山椒等の和スパイスが主張します。ベースはおそらくライトな豚骨清湯かな?

HAYATO

ベースの旨みを生かすというよりは味噌の風味を前面に出した味噌汁タイプなんだけど、香味野菜やスパイスによるアクセントのつけ方が絶妙でこれは相当旨い!
純すみ系より油が少ない分シャープで上品に感じ、でもしっかり味噌ラーメンらしいパンチもあって、これは並ぶわ~。

HAYATO

麺はニュルリとした加水高めの中細平打ちストレート。
札幌タイプ味噌というとプリプリに縮れた熟成玉子麺ですが、伸びやかでしなやかで、これも抜群に合いますね~。さすがカドヤ出身、という印象です。

HAYATO

チャーシューはバラ巻き豚と切り落としがゴロゴロ。
最近低温調理系にはいい加減飽きてたので、このクラシカルで味がしっかり染みたワシワシ豚はうまいね!

HAYATO

ネギとモヤシの量も適度。柚子皮の清涼感もいい感じ。
メンマは2本。コリコリの食感がいい箸休めです。

麺量はそれほどなく、サクッと固形物完食。絶品のスープもほぼ完飲してしまいごちそうさま。
店内に出ると行列はさらに長く。。これで通し営業売れ切れ仕舞いじゃぁ、夜まで残ってるわけないかorz

着想の元は札幌味噌なんだけど、あのコテコテ感を現代っぽい解釈で上品でキレにある雰囲気に仕立てあげた絶品でした。
味噌もよかったけど、このセンスならこの店、醤油や塩もたぶん間違いないはず。
並ぶハードルはあるけど、再訪は確実です。

--

らーめん 颯人


関連ランキング:ラーメン | 南森町駅大阪天満宮駅なにわ橋駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2725-d01fff15

<< topページへこのページの先頭へ >>