きつねそば(380円)+生玉子(サービス)@浅草橋・文殊 浅草橋店

2017-09-21
今日のランチは浅草橋
浅草橋、地味な街ですがB級グルメ好きには涎モノの街。特に路麺好きには聖地と言っていいエリア。
今日はシュッとしたそばが食べたかったので、久々に文殊さん。
おそらく、激戦区である浅草橋店のみのサービスだと思いますが、ランチのピークタイム以外は常に生玉子orゆで玉子がサービスってのがうれしいんですよね。

MONJU

平日14:00到着、前客1、後客1。
軽めな気分だったので、口頭できつねをお願いします。あと生玉子もね!
こちらは都度茹でなので、数分待ったところで着丼。
重たい陶器の丼はしっかり温めてありアツアツ。着丼時に「熱いのでお気をつけ下さい」と注意があります。

MONJU

うん、やっぱ文殊、間違いないシュッとしたルックス。
透明感あるお汁の中には細身のそば。上には三角形のきつね、ワカメ、ネギ、かまぼこ。
生玉子を頼むと、茹でた蕎麦を丼に入れたあと、その上に生玉子を割り入れ、黄身が崩れないように丁寧にお玉でお汁をかけて表面を固めてくれます。こういう所に手間を惜しまない姿勢、素晴らしい!

ではお汁をズズズ。
キリッと醤油と鰹が効いた辛口のお汁は、端正な蕎麦と抜群の相性ですな。

MONJU

ツルリとした細身のそばは、シコシコのコシもあり路麺としてはかなりハイレベルなもの。
蕎麦粉の比率は五割とのことですが、きちんと蕎麦が香りますよ。

MONJU

きつねは薄手の三角形が3枚。甘く濃い味で煮付けたもので(店舗仕込みではなさそう)、噛みしめるとジュワッと口に広がる甘さがなんともいえないですね。またこの汁が辛口のお汁を徐々にマイルドにしていくのも、こちらのきつねそばの醍醐味w

厨房を見ていると、ちょうどネギの仕込みをやっているのですが、リズミカルに刻んだネギをしっかり水に晒して辛味を抜く一手間を加えてるんですね〜。
食べてみると、そのシャキッとした歯ごたえと辛味ない味わいがいい感じ。
かまぼこは薄い白一色のものですが、「瓢箪」同様入ってるだけでうれしいですね。ワカメは少なめ。
玉子のいい感じに固まった白身をプチッと割ると、ドロリと黄身が流れ出し、それをお汁と一緒にづゅるっと口に含むと。。こりゃたまらん!

ということで、大満足でごちそうさまでした。
城東エリアにこじんまりと展開するチェーンですが、どこで食べてもクオリティが保たれているのも此方のいいところですね。
継続的に利用したい良店です。

--

文殊 浅草橋店


関連ランキング:そば(蕎麦) | 浅草橋駅馬喰町駅東日本橋駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2724-91644668

<< topページへこのページの先頭へ >>