ジャポネ(540円)@大手町・リトル小岩井

2017-09-17
ロメスパの聖地「ジャポネ」にはもう10年以上通い全メニュー制覇していますが、お恥ずかしい話、まだ行ったことがなかったんです・・・ロメスパのもう1つの聖地「リトル小岩井」さん。
ジャポネの創業者はリトル小岩井で修行をしていたなんて話もあり、日本ロメスパの始祖は実はここなんじゃないの的なレジェンドなんですよね。
ということで、大手町で晩飯を食べるチャンスについに潜入!大手町ビルジングの地下へ。

平日19:40到着。店内は満席、外待ち5。
客層を見ると、明らかに残業飯のオッサン100%。こりゃ回転も早いでしょうと行列へ接続。
並びつつ、メニューをチェックします。
LITTLE KOIWAI

醤油バジリコはおそらくジャポネのジャリコ、ジャポネジャポネジャポネですかね(わかる人だけわかってくれたらいいですw)。ナポも共通ですが、他のメニューは該当なしかな。
また、ジャポネのメニューには必ず入っていると言ってもいい小松菜トッピングはないのね。。ジャポネと似ていつつも結構違うんですね。

10分ほどで席が空き、ホールの店員さんの案内で着席。
このお店のハードルの高さは、ミチミチに相席にされること。
大きめの箱のレストランだと、相席と言ってもせいぜい1卓に2人とかだと思うのですが、こちらは席数が少ないこともあり、問答無用に4人がけ。
しかも、前述の通り客層は脂っこいオッサンがほとんど(俺もナー)なので。。。正直居心地はイマイチ(;´Д`)
女性だとかなり抵抗があるかもしれませんね(そういう方にはお持ち帰りシステムもあります)。

まぁでも、俺は向かいのオッサンの顔を眺めに来たのではなく、ロメスパを食べに来たのだ!おそらく向かいのオッサンも俺と同じことを考えているはずだ!と気持ちを切り替えて。。
とりあえずジャポネっぽいところから攻めつつ違いを知りたいので、ジャポネを並でお願いします!

周りの注文を聞いていると、「油少なめ」というカスタムがあるみたいですね。
またメニューの「別盛り」ってのが何か気になったのですが、どうやら前菜のザワークラウトというかピクルスというか、インデアンカレーのアレと似ている酢キャベツの大きいのがもう1つ付いてくるメニューみたい。

LITTLE KOIWAI

待つこと6分ほどで着丼。
あ、結構盛り少ないんですな。ジャポネのレギュラーより少なめ、300〜350gくらいかな?
具は豚肉、タマネギ、ピーマン、マッシュルーム。割と具だくさんですね。

LITTLE KOIWAI

では早速一口。
ほぉ、なかなか旨いね(*´ω`*)
ジャポネよりも液体油が多くこってり感が強いかも。
味付けは、バターの香り、それから醤油とニンニクの香りが鼻に抜ける間違いない味わい。
塩味はそれほど強くないんだけど、口当たりがやや脂っこいので、「油少なめ」コールが多いのはそういうことでしたか。

LITTLE KOIWAI

麺は極太。乾麺で言うと2.2mm径ですね。
そして「パスタ」じゃなくて「スパゲティ」です!という、フカフカのロメスパ食感がいいですなぁ。このあたりの食感はジャポネとほぼ同じ。もしかして同じ製麺屋から仕入れてたりするのかな?

バラ肉が多めなのはジャポネにはない良さですね。ピーマン、タマネギ、マッシュルームもそれぞれの食感をしっかり主張します。
ジャポネだと小松菜とトマト、シイタケといったあたりが主役の具材なので、やっぱりちょっとずつ流儀が違いますね。
酢キャベツで口をさっぱりさせつつ、サクッと完食でごちそうさま。

LITTLE KOIWAI

うん、ジャポネとの共通点もありつつ個性が分かれる部分もあって、なかなか楽しい一杯で気に入りました。
量的にはちょっと物足りなかったけど、価格を考えればC/Pは抜群だし、次回以降は大盛指定で、タラコ以外の全メニュー制覇を目指しましょう!(タラコは食えないので(ToT))

--

リトル小岩井


関連ランキング:パスタ | 大手町駅東京駅二重橋前駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2720-6d3a0852

<< topページへこのページの先頭へ >>