温式つけ麺(900円)@四ツ谷・こうや

2017-09-10
今日のランチは四ツ谷あたりで。
お腹はペコペコだけどさっぱりいきたい気分。。。そういえばこうやさんでつけ麺出してたよね?
ということで、超久々に再訪です。

平日13:50到着。ピークは過ぎていますがテーブルはほぼ満席、カウンターも半分ほどが埋まっており、相変わらず盛況。
また、ここは昼酒を嗜んでいる方も多いのが不思議な特徴ですねw
メニューを確認し、「つけ麺」を口頭オーダー。

KOUYAKOUYA

待つこと10分ほどで着丼。
・・・おぉう、予習していなかったこともあり、これはかなり想像の斜め上をいくルックス!

KOUYA

つけ汁は赤黒く、表面にはラー油とパクチー。
麺は平皿にたっぷり。上には白ネギ、すりごま、キュウリ。
これは。。。敢えて形容すると「広島つけ麺」っぽい雰囲気と言えるでしょうか?

KOUYA

まずは麺から。
おそらくラーメンと共用の細麺になります。もともとそれほど個性の強い麺ではないので、冷水で〆て若干コシは強くなりますがあまり存在感はないですね。素麺に近い雰囲気で、つけ汁をズバッと引き上げてくるツールといった感じ。
麺量はたっぷりめで、200g以上はあった感。
加水が高い麺ではないところに、すりごまがさらに水分を奪うので、麺同士がひっついてダマになるのはご愛嬌。

KOUYA

つけ汁はかなり変わった味で、濃い口の醤油ダレとラー油の風味が中心ですね。温度はアツアツ。
おそらくベーススープはこちらの他の麺類スープと同じ濃厚な動物出汁を使っているのでしょうが、出汁感はほとんどわからず、塩気で食わせる感じ。

KOUYA

つけ汁の中にはたっぷりの豚バラとお揚げの細切り。パクチーも入ってるのに、ここは和風で来るのか!
なんとなく肉汁うどんの汁にラー油をぶっこんだみたいな風にも感じられ、かなりユニークです。

KOUYA

また、麺側のすりごまが徐々につけ汁に加わることで、ゴマ+ラー油=どこどなく担々っぽい雰囲気にもなってきます。
辛さはそれほど強くなく、後半卓上のお酢を2回しするとさっぱり感が増していい感じ。お酢はもっとたっぷり入れて
もいいかな?

麺皿の方のキュウリ、ネギはたっぷり。少しずつ麺と一緒に箸で掴んで食べるといい感じ。つけ汁がかなり濃い味なので、さっぱりと食べられます。
スープ割はなさそうだったので、そのままつけ汁を数口飲み、なかなか満足でごちそうさま。

うん、想像とかなり異なるつけ麺でしたが、他で食べたことのない個性ある美味しい一杯でした。
ラヲタって大抵、食べながら「その一杯はどの流れの延長上にあるのか」みたいなことを意識すると思うのですが、浅学なもので、このメニューのルーツはちょっとわからなかったですね。中華料理をたどるとこういうメニューあるのかな?

まぁでも、自分の知識体系内にない驚きの一杯が出てくるのも、また食べ歩きの楽しみ、ですな。

--

支那そば屋 こうや


関連ランキング:ラーメン | 四ツ谷駅四谷三丁目駅曙橋駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2710-a2edf361

<< topページへこのページの先頭へ >>