中華そば(700円)@大阪市・堺筋本町/麺屋はなぶさ

2017-09-02
今日の晩飯は大阪堺筋本町
前回臨休でありつけなかった「はなぶさ」さんへ再訪です。
平日19:30到着。ホッ、今日はやってますね。前客1、後客3。

HANABUSA

ラインナップは中華そばの醤油、塩、そして和えそば。
初訪なのでまずは醤油の「中華そば」でお手並み拝見といきましょう。
ちなみにこちらの店主さんは、海老江の「無限」出身とのこと。って、まだ行ったことないけど(^_^;)

HANABUSA

口頭でオーダー後、待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ。。いかにも今時のリノベーション系中華そばという感じでなかなか旨そう!
微濁の醤油スープの上には、チャーシュー、味玉、ネギ、メンマとシンプル。

HANABUSA

ではスープを一口。
構成としては鶏魚介清湯かな?特に節系の旨味と香りが中心になる構成で、その薫香から、コンソメのような若干洋風ちっくな雰囲気も。一体感のある旨味がかなり分厚い印象。
そして、その旨味に釣り合わせるべく、醤油ダレの塩気も結構強めですね。一口目は旨いんだけど、徐々にその濃さに食べ疲れしてくるかも。。
ラードと思われるオイリーさもそこそこありますが、味わいのバランスとしてはちょうどいい感じ。全体的に、味わいを重ね合わせて分厚く組み立てた、清湯ながら(いい意味で)重さのあるスープだと思います。

HANABUSA

麺はジュルリとしたなめらかな食感の中太平打。自家製麺だそうです。
スープを吸って、その香りをぐんと載せてくる麺ですね。かなりスープとの相性がいいとは思いますが。。スープの塩気がかなり強いので、持ち上げすぎ?と感じてしまうかも。

HANABUSA

チャーシューは脂身多めの低温調理系ロース煮豚スライスが1枚。極薄カットなので柔らかく食べやすいです。
また、デフォで半味玉がのってくるのはうれしいですね〜。きれいなジェリー状の黄身はいい感じ。
メンマはショリッと柔らかめでいい箸休め。

HANABUSA

ということで、サクッといただきごちそうさま。
魚介の香りを活かした濃い口スープが特徴的な一杯でしたね。これは塩も気になるかも。。
ちなみに「チャーメン丼」ってのが謎だったのですが、ご飯に麺が載っているわけではなく、「チャーシュー+メンマ」だそうです(^_^;)

--

麺屋 はなぶさ


関連ランキング:ラーメン | 堺筋本町駅谷町四丁目駅本町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2698-9b828d60

<< topページへこのページの先頭へ >>