ソースチキン丼(800円)@麹町・吉乃家

2017-09-01
腹ペコペコ、かつ会社の近場でサクッとランチを済ませたかったので、9/15の閉店が迫る名店、吉乃家さんへ。

平日13:50到着。
店内はほぼ満卓でしたが、空きテーブルが1つだけあったので着席。

こちらは一応とんかつ屋ですが、コロッケメンチエビフライ等、一通りの揚げ物はやっています(あ、唐揚げはなかった)。
豊富なメニューの中で特に力を入れていると思われるのが「カツ丼シリーズ」。
ノーマルなカツ丼に始まり、ソースカツ丼、デミカツ丼、塩カツ丼、梅マヨカツ丼、辛ソースカツ丼、味噌カツ丼と非常にバリエーションが多いのが特徴。
ということで、今日はチキンのソースカツ丼をお願いします。

待つこと10分ほどで、味噌汁、香の物と同時に着丼。
うん、さすが吉乃家、このボリューム!
丼からはみ出たチキンカツはたっぷりとソースを纏ってテラテラと光り、これは間違いない濃いやつw

YOSHINOYA

このままだとこぼさずにご飯をいただくのが至難の業なので、別途提供される平皿を使います。
ここに、一旦カツの一部を避難させながら食べるのが此方の流儀。

YOSHINOYA

カツは衣厚め、パン粉ガリッとした高温仕上げ。
チキンはモモかな?を薄く叩いて伸ばしたもの。パサ感はなくしっとりした食べごたえ。

YOSHINOYA

ソースはしっかりしたコクをもつ甘口のもので、トンカツソースとも違うしウスター系でもなく、オタフクっぽいお好みソース的な味わいに近いかな?ご飯との相性を考えた結果なんでしょうね。
カツはどぶ漬け状態でキャベツの上に載るので、かなり味は濃い目。

YOSHINOYA

別皿の辛子を付けながら食べることである程度飽きを防げますが。。。中盤以降ちょっと味変したくなってきますね。
塩や梅マヨだと飽きずに最後まで行けたので、やはりソースやデミ系はここが課題なのかな?卓上の七味等も駆使しつつ食べ進みましょう。
また、キャベツのフレッシュなシャキシャキ感である程度ソースの濃さが中和される感はあります。

YOSHINOYA

ライスはちょい柔らかめの炊き具合。量はしっかりどんぶり飯で、400g弱くらいかな?
お汁は豚汁。豚肉、大根、ニンジン、ごぼう等がたっぷり入ったもの。
小皿には香の物。キャベツの浅漬と細切りのたくあんがのります。

ということで、お腹パンパンでごちそうさま。
デミカツ丼、味噌カツ丼は未食なんだけど、どっちもかなりヘヴィそうな感じなんですよねぇ。。9/15までの間でお腹がペコペコなタイミングを見計らって再訪したいと思います。
#やっぱり閉店に向けますます混んでくるのかなぁ。。

--

とんかつ吉乃家


関連ランキング:とんかつ | 麹町駅半蔵門駅四ツ谷駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2696-6369ce82

<< topページへこのページの先頭へ >>