【期間限定】冷しマーボナーラ・大盛(950円)@目黒・づゅる麺池田

2017-08-15
今日のランチは目黒。突然の豪雨に見舞われつつ、雨宿りがてら権之助坂のアーケードへ。
目的地は権之助坂の巨匠、池田さん。

現在提供中の限定は「マーボナーラ」というなかなかユニークな名前のやつ。
ちなみに期間限定メニューだけではなく、券売機の黒いボタンで買う「ゲリラ限定」というのもあり、今日はレッドカレーつけ麺と煮干&豚骨のラーメンだとか。むむぅ、池田さんのタイ系にハズレはないのでレッドカレーにも激しく牽かれますが、今日はマーボでいきましょう。

JURUMEN

平日13:20到着。店内満席、外待ち1。マーボ大盛の食券を買って列へ接続。
ちなみにこれで今日仕込み分のマーボは終了とのこと。あぶねぇ〜(@_@)
待つこと10分ほどで店内から呼び出しがあり着席。池田さん、ご無沙汰しております(;´Д`)

しばし待ったところで助手さんから「辛さは小辛、中辛、大辛から選べますが?」とヒアリング。
事前情報だと結構辛いらしいんで中辛でお願いします。まもなく着丼。

JURUMEN

ほぉ。。これはかなりユニークなルックス!
「麻婆」という時点で当然あの赤黒い餡掛け的なやつを想像しますが。。予想に反し麺の上に鎮座するのはオフホワイトのおぼろ豆腐、そして中心に卵黄。

JURUMEN

その下にはネギとドライな肉味噌があり、麺はヒタヒタのタレに浸かっています。タレを味見してみると、甘酸っぱいタレにラー油を合わせたもののようですね。
なるほど、最初から麻婆豆腐になってるのではなく、タレ、肉、ネギ、豆腐を客が混ぜて作る麻婆豆腐ということですか!このアイデアはすごいかも。。。

JURUMEN

ではまずは混ぜずに麺をづゅるり。
麺は自家製、中太平打ストレート。加水高めで、ツルリとした表面が啜り心地よいですね。
噛みしめるとモギュッとした強い弾力を感じるもので、噛んで味わうのが楽しい麺です。麺量は大盛なので200g程度かな?

豆腐はホロホロの舌触りで甘みのあるもの。上に花椒が振りかけられています。
肉味噌はしっかり水分を飛ばし旨味が凝縮されたもので、甘口で白飯にめっちゃ合いそうなやつ。
そしてタレは前述の通り、キリッと辛いラー油と甘酸っぱい醤油系のタレのブレンド。ラー油も当然自家製で、タイの唐辛子を使っているからこういうソリッドな辛さになっているんだとか。中辛ですが結構ビリッと来ます。

JURUMEN

さて、これらの要素をエイヤッ!とグリグリ混ぜ混ぜ。
おぉう、しっかり麻婆な味わいになりますね!キレのある辛さに僅かな酸味が加わり、食後にはすっきりした爽快感があるタイプの麻婆。痺れはほぼありません。ただ塩気がかなり強めなので、野菜系の口直し、もしくは白飯が欲しくなるかも。。。

JURUMEN

「マーボナーラ」の「ナーラ」部分を担うと思われるのは頂点の卵黄。
崩しながら混ぜ込むと、辛しょっぱい冷し麻婆餡の刺激を和らげてくれる効果はあるけど。。冷しなのでタンパク質が凝固したりはせず、カルボ的なねっとり感みたいなのはないですね。まぁでも卵黄の甘みが交わりと、よりコク深い感じになって旨いですよ。

JURUMEN

ということで、サクッと固形物完食、残ったソースをちびちび舐めていたらいつのまにほぼ完汁でごちそうさま。
今回の限定の目玉はやっぱり、「麻婆なのに白い」というビジュアルのインパクトからの、丼の中で自分で麻婆豆腐を作り上げるという面白さでしたね〜。しかも麻婆=熱々なものという固定概念を覆す「冷し麻婆」という発想はもう感心しかない(*´ω`*)

ちなみにこのメニューの提供日については、池田店主のTwitterでの告知を参照のこと。
また、やってる日だったとしても材料切れの場合もあるので、確実に食べたい方は早めの時間の来店をオススメします。

--

づゅる麺池田


関連ランキング:つけ麺 | 目黒駅


関連記事
コメント:
タム6000さん こんにちは!
真っ白いのは豆腐でしたか!! なるほど!
自分で作る「冷やし麻婆」イイですね~!!!!!
[2017/08/18 12:56] | ヨコベー #- | [edit]
>ヨコベーさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうなんです、豆腐、ラー油、肉味噌、タレを自分で混ぜて作る麻婆スタイル、なかなかおもしろいですよ。
最後にはしっかり冷し麻婆和え麺になり、しかも旨い!
チャンスあればぜひ。
[2017/08/20 22:04] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2677-83cdac79

<< topページへこのページの先頭へ >>