肉うどん(830円)@池袋・うちたて家

2017-08-06
今日の早めのランチは池袋
なんとなくうどんな気分なので、西武屋上の定番「かるかや」が思い浮かびましたが、たまには違う所に行ってみたいかな?
ということで、東通り沿い、都心では数少ない武蔵野うどんがいただけるというお店へ。

UCHITATEYA
UCHITATEYA

平日11:20到着。前客2、後客続々でほぼ満席に。
券売機で「肉うどん」をポチし着席。いつも安くて旨いうどん屋にばかり行ってるので、830円はかなりお高めに感じます(^_^;)
客席は純和風のインテリアで、厨房を囲むカウンターとテーブル数卓。

UCHITATEYA

待つこと10分ほどで着丼。
・・・第一印象「うどん少なっ!!」
武蔵野うどんって結構盛る印象があるのですが、せいろの上には、本数が数えられるくらいのうどん(;´Д`)この値段で??
肉汁の方も、もっと色濃く、ドーンと肉が入っててほしいですが、白髪ネギが至極上品な雰囲気を醸しだしております。。

UCHITATEYA

まずは極太でうねり、ねじれの強いうどんから。結構塩が効いてますね。
噛みしめると、ゴツッとした当たりの強さ、ゲシッと噛み砕く食感がかなりワイルドでかなり好み。
印象としては武蔵野(+吉田)って感じかな?粉の味わいもきちんとあり、なかなかのクオリティだと思います。

UCHITATEYA

太くて硬い麺なので、数本の麺を手繰って汁に浸けるのがかなりし難く、1本ずつ汁に浸けてムシャムシャ食べる感じになりますね。店内に「ズバババッ」と啜る音が聞こえないのはそういうことでしたかw

UCHITATEYA

お汁は、鰹の香りと豚の油の旨味が出た醤油汁。
お江戸向けにお上品にアレンジしたのかわかりませんが、醤油感、出汁感ともにペラペラで、うどんの力強さに完全に負けちゃってますね。肉は薄切りのバラが数枚。
ここはやはり、濃口醤油、砂糖、鯖節、脂多めのバラ肉をぶっこんで、より下品な味わいにしてくれた方が個人的には好みかな?

UCHITATEYA

最初、見た目的に相当少ないんじゃないか?と思いましたが、うどんの1本1本がとにかく太くよく噛んで食べる必要があり、結構食べ応えがあるんですよね(実は400gあるらしい)。
ということで、意外にお腹にしっかりたまりごちそうさま。こりゃ大盛にしたらかなり満足感あると思いますね。

総じて、麺に関してはかなり気に入ったのですが、ペラペラの汁とのバランスが惜しかったなぁ。
たぶんカレーとか辛汁とか、汁にもパンチが効いたやつだとかなり化けそう。次回はそっちかな?

--

うちたて家


関連ランキング:うどん | 池袋駅都電雑司ケ谷駅東池袋駅



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2672-73b678d8

<< topページへこのページの先頭へ >>