塩ラーメン(720円)+ミニカレー(180円)@渋谷・穀雨

2017-07-25
今日のランチは珍しく渋谷
桜丘町のあたりで所要があったので、その前にあの「かづ屋」出身という穀雨さんへ初訪問。
かづ屋出身ということは、つまり「たんたん亭」の系譜なわけで、絶対真面目に旨いやつが出てくると期待。

休日13:00到着。まずは券売機をチェック。
ほぉ、ここには塩があるんですね。かづ屋たんたん亭に塩はなかったと記憶しているし、八雲には「白」があるけどあれも塩ではないですよね。これは珍しい、とポチ。
また、ミニカレーと合わせるとちょうど900円という切りの良さもありミニカレーもポチ。

KOKUUKOKUU

L字カウンターのみの店内はほぼ満席でしたが、端っこの席が空いていたので着席。
後客も続々ですが、うまい具合に回転し行列は発生していません。

KOKUU

食券を出し6分ほどで着丼。
ほぉ。。なかなかキレイな一杯ですね。
スープはちょい濁った色合い。細かく刻まれた白ネギがスープ表面に。トッピングはチャーシュー、青菜、メンマ、白ネギ。
また、カレーの色合いからして間違いなく手作り&旨いやつなのでテンション上がります!

KOKUU

ではスープを一口。
おっ、ファーストアタックでしっかり塩ダレが主張してきますね。続いて節系の旨味や香りが抜ける感じ。
構成としては鶏豚のベースに魚介を加えた王道の構成で、シンプルな塩ダレにしたことでベーススープの素材感がしっかり感じられるようになった感。
香味油のアシストもしっかりあって、優しい味わいなんだけど強い芯が感じられ、実に旨いスープだと思います。
八雲の白だしっぽい雰囲気なのかな?と思ってたけど、一部は似ていて、でもやっぱ塩のキレが違う感じかな。

KOKUU

麺は、エッジのたったゆるウェーブの細麺。プツッと噛み切れる食感が心地よく、またスープの絡みも問題なし。
麺量は160g以上あった感。

KOKUU

チャーシューはさすがかづ屋仕込み、ちょっと薫香があるみっちりした食感のロース焼豚です。
脂身多めの部位と赤身メインの部位の2枚入り。

KOKUU

メンマはポリポリとした食感でくどくない味付けが名脇役といった感じ。
青菜は小松菜で、パキッとした食感とそのほろ苦さがいいですな。

KOKUU

カレーは、しっかり玉ねぎを炒めた欧風ちっくな濃い色のルーが印象的。
また、ホロホロの豚バラの塊が2個くらい入ってて食べごたえもありますね。

KOKUU

ライスの量も200g近くあったかな?
これがランチタイム180円ならマストでしょう。

KOKUU

相当腹パンパンになり、大満足でごちそうさまでした。
さすが名門出身だけあって、その名に恥じない間違いないクオリティの、真面目に作られた逸品でした。
また、出身元の味をベースに独自感をしっかり加えているのも好印象ですね。
渋谷って近い割になかなか来ないんだけど、このあたりに来た際には間違いなく再訪ですな。

--

穀雨


関連ランキング:ラーメン | 渋谷駅神泉駅代官山駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2660-4e874d43

<< topページへこのページの先頭へ >>