ポークジンジャー(1050円)@四谷・かつれつ四谷たけだ

2017-07-24
今日のランチは四谷あたりで。
久々に政吉さんにでも行きますか、としんみち通りに入ったら。。おぉう、たけだに行列がないというレアケース!
ということで即プラン変更→たけださん。

平日13:45到着。店内満席だったので、メニューを渡され外で待機。後客続々。ちょうどエアポケットだったみたい。
ホールのスタッフさんが事前にオーダーを聞きにくるので、13時以降しか頼めない「ポークジンジャー」をお願いします。
おそらく、ピークタイムは揚げ物のルーチンオペレーションに徹したいので、フライパンを使う料理は空いている時のみ、ということなんでしょうね。

TAKEDA

5分ほどでカウンター席が空き着席。まもなくポークジンジャーが着丼です。
おっ、生姜焼きというとバラの薄切り肉なイメージですが、こちらは「ポークジンジャー」という名前らしく、厚みのある豚ロース。皿にはキャベツ、ポテサラ。追ってライスと味噌汁が着丼。

TAKEDA

ではナイフでお肉を切ってパクリ。
生姜焼きのキモであるソースは、醤油ベースの甘辛く味の濃いタレにたっぷりのおろし生姜が入ったもの。
豚肉は、おそらくとんかつに使われているのと共通のロースでしょうか。量的には130g程度。

TAKEDA

表面の小麦粉のおかげでちょっとトロミが付いた状態になっており、タレがよく絡みます。
厚みがありつつも柔らかい素晴らしい仕上がりですが、肉自体に若干パサ付きがあったのと、スジが切れていない部分があったのが惜しい。

TAKEDA

キャベツはシャキシャキで水っぽくなくいい感じ。最初はゴマドレ、後半は生姜焼きのタレに絡めつついただきます。
ポテサラは、芋のゴロゴロ感があるもの。業務用っぽいけどこれ結構好き。

ライスは平皿で。量は少なめで200gちょい程度でしょうか?
卓上にたくあんもありますし、ご飯食いなら大盛(+50円)が推奨かな~。
味噌汁はワカメ。しっかり出汁も効いており、塩気強めだけど旨いです。

ということで、サクッといただきごちそうさまでした。
洋食屋さんの生姜焼き、といったいい感じの良好な仕上がりで、このボリューム、品質でこのお値段ならC/Pも上々ですね。
並んでない時に遭遇できたら、間違いなく入店すべき名店です。

--

かつれつ四谷たけだ


関連ランキング:とんかつ | 四ツ谷駅麹町駅四谷三丁目駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2659-e1af9343

<< topページへこのページの先頭へ >>