つけそば(800円)+餃子(サービス)@品川・支那そば きび 桃太郎外伝 品川店

2017-07-18
今日のランチは品川
以前、某ラーメン評論家さんのレポートで「品川きびのつけ麺は荻窪丸長インスパイア、明大前きびのつけ麺は目白丸長インスパイア」という記事を読んだ記憶がふと蘇り、ちょうどつけ麺な気分だったこともあり確認にやってきました。

KIBI

平日14:30到着。前客3、後客1。
お店外の券売機で「つけそば」をポチし空席に着席。
店員さんに食券を渡すと「餃子サービスですが?」あら、餃子無料サービスまだやってたんですね。ではお言葉に甘えお願いします。

餃子は焼き置きのようで、瞬時に到着。
ビールでもあれば別ですが、これだけ先に来られてもな(;´Д`)
おそらく業務用の冷凍物でしょうが、底面はカリッと、その他の皮は薄いながらにモッチリと。焼き方が上手ですね。

KIBIKIBI

餡は野菜多めで甘味の強いもの。
まぁ普通に180円くらいで売っても十分なレベルのものなので、これがサービスってのはうれしい限り。

KIBI

餃子を食べ終わり、待つこと7分ほどでつけ麺が着丼。
なるほど、確かにそう言われてみれば荻窪丸長な感じ?(荻窪丸長っていつも激混みでまだ行けてなくて、荻窪丸長リスペクトと言われているお店のつけ麺を食べただけの経験値になります(´ε`;))
ツヤツヤとした中太麺、つけ汁はラードが蓋をしており、黒胡椒と細切りナルトがそれっぽいですね。

KIBI

ではまずは麺から。
麺は加水高めの中太角断面ストレート。

KIBI

長めに茹でてしっかり〆た感のある、当たりはフワッと柔らかいけどムッチリした弾力を持つみずみずしいもの。
麺量は300gはなかったかな?この手のつけ麺は残りを気にせずズバズバ啜りたいので大盛無料とかだとうれしいかも。

KIBI

つけ汁は、ライト動物清湯ベースに濃いめの醤油ダレとお酢、砂糖、たっぷりの黒胡椒を入れラードで蓋をしたもの。某レポート通り、いわゆる荻窪丸長インスパイアな感じですね。
ベースはちょいペラいのですが、この甘辛酸なクラシックなアレンジはたまんないですね~!特に黒胡椒のアクセントが抜群に効いてます。
スープの底にはたっぷりにサイコロチャーシュー、細切りナルト、メンマ、ネギ。
チャーシューは端切れを刻んだものでしょうが、麺一口毎に肉一個食べる、というペース配分ができる理想の量。

KIBI

ということで、サクッといただき固形物完食。
スープ割はオーダーしてブーメラン式。ほっこり胃を温めごちそうさま。

KIBI

荻窪丸長インスパイアのつけ麺としては、今は亡き四ツ谷の間借り店「にぼっしー中華そば」のつけ麺が究極に旨かった(今でも食べたいと思う時が多々あります。。)ので、それに比べちゃうとゆるーい感じですが、まぁ丸長系ってそもそもゆるめのクラシックつけ麺ですから、これはこれでなかなか素敵な一杯だと思います。
ただ、ラヲタには訴求するけど、TETSUのつけ麺みたいなのを期待してくる観光客には「何だこりゃ?」かもね(^_^;)
また、餃子が付いてくるとは言え、この価格のつけ麺なので正直もっと麺量は欲しいところですね(もっと言うと、餃子いらないから麺量500くらいまで同価格で対応してもらえたらうれしいかな?)。

さて、こうなると明大前店のつけ麺が俄然気になってきたぞ、と。。。

--

支那そば きび 桃太郎外伝 品川店


関連ランキング:ラーメン | 品川駅北品川駅高輪台駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2654-8af76fc1

<< topページへこのページの先頭へ >>