ラー油とキムチの豚しゃぶうどん・大盛(580円)@大森・麦の城

2017-07-13
今日のランチは久々に大森で。
・・・何もやる気になれんほどに暑い日で、無性に冷たい麺類をズバッと啜りたい気分。
とは言えお腹は空いてるから、それなりにボリュームのあるやつがいいなぁ、ということで、夏の新メニューが登場したという大森のサグラダファミリア「麦の城」さんへ。

平日13:20到着。前客4、後客3。
あら?お店の窓が全て開け放たれており、店内に林立する扇風機。。なんと、このタイミングでエアコン故障→現在修理中とのことorz
まぁでもせっかく来たし、それが帰る理由にはならないよね、と券売機で新作「ラー油とキムチの豚しゃぶうどん」をポチ。
この暑さだからこそ、冷たいぶっかけの旨さがより強く感じられるでしょう!(ポジティブシンキングw)

MUGI no SHIRO

こちらは全麺メニュー大盛無料となるので、大盛ボタンもポチ。
ちなみにこの季節はカレーうどん、ピリ辛かすうどんはレギュラー落ち。その変わり、この豚しゃぶうどんとレモンたぬきそば(攻めてる!)が登場しています。

厨房へ食券を出す際「うどんとそばどちらにしましょう?」「うどんでー」とオーダー、水を汲んで空席を確保。
麺茹でタイマーの音、そして冷水で麺を〆る音が聞こえ、食券を出して6分ほどで呼び出しがかかりセルフ着丼。

MUGI no SHIRO

ほぉ。。。これは間違いないやつ。
いわゆる冷しゃぶぶっかけうどんですが、目につくのは食べラーとキムチの鮮やかな赤。

MUGI no SHIRO

そう、このメニュー、ミシュランビブグルマンにも掲載された大阪の讃岐うどんの名店「釜たけうどん」を発祥として4~5年前に大ブレイクした「キムラ君(キムチとラー油と豚しゃぶを載せた醤油うどん)」のアイデアをベースに、大根おろし等を追加しぶっかけバージョンにしたもののようですね。
これはもう「夏最強」と言って過言ではない完璧な組み合わせでしょう!

MUGI no SHIRO

では丼を持って冷たいお汁をズズズ。
昆布の旨味が効いた甘じょっぱいぶっかけ汁。
ここにキムチの酸味と食べラーの仄かな辛味が加わり、夏らしい素敵な味わいに。

MUGI no SHIRO

キッチリ〆られたうどんはパスパスとした軽めの食感のもの。茹で後400gちょいくらいかな?
さすがにコスト切り詰め感はあり、伸びや弾力に優れたうどんだったらもっと美味しいのだろうけど、まぁこれでも必要十分。大盛でこの価格だしね。

MUGI no SHIRO

豚の冷しゃぶは、薄切りのバラ肉。いい感じに油の重さがなくなっており食べやすいですね。結構たっぷりめにあるので、麺を巻いてもよし、おろしを包んでもよし。
食べラーは辛さよりはフライドガーリックのサクサク食感と香りを楽しむアイテムかな?おろしのさっぱり感も抜群の相性。

MUGI no SHIRO

途中からおろし生姜、白ゴマ、柚子パウダー、天かす等を加えれば、その味わいが刻々と変化して楽しいですねぇ。特に柚子パウダーは、キムチの個性より前面に出るはっきりた味わいがユニーク。
財布に余裕があるなら、ここに別途温玉をトッピングするとより美味しくいただけるかも?

MUGI no SHIRO

ということで、サクッといただき大満足でごちそうさまでした。
暑い店内で扇風機の風を浴びながら冷たいうどんを啜ってると、以前夏に香川へうどん合宿に行った時、民家みたいなお店でうちわを借りパタパタと扇ぎながら食べたうどんを思い出しました。

いやぁ、ベタではありますが、食材の組み合わせ的には完璧な一杯でしたね。
以前「釜たけ」で食べたキムラ君と比べると、うどんそのものの差に目をつぶれるなら、その味わいやボリューム感は麦の城の圧勝です。この夏かなりオススメかも。

※エアコンは7/18に修理完了とのこと!

--

麦の城


関連ランキング:そば(蕎麦) | 大森駅大森海岸駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2650-65ff4a3b

<< topページへこのページの先頭へ >>