混ぜ・のり塩チーズ(780円)@新馬場・丸直

2017-07-07
今日のランチは新馬場あたり。
最近この辺りだと軽めに「ランチハウス」さんに行っちゃうことが多いのですが、今日はお腹も空いてるし、久々に丸直さんへ行ってみましょうか。

平日12:35到着。店内満席。
後客も続々で、常にほぼ満席をキープしています。ランチタイムど真ん中ということもありますが、地元にしっかり定着しているようでなにより!
つか、近所なのにもう1年以上来てませんでしたね、不義理をお許しください(;´Д`)

券売機を見ると、日替わりメニューなんてのもやってるんですな。
ただまだここのレギュラーメニューをコンプリートしていないので(^_^;)、デフォの「混ぜ」から、ちょっと変わり種である「のり塩チーズ」行ってみましょう。なんだかポテチみたいな素敵な名前w

MARUNAO

まもなくカウンター席が空き着席。
厨房はいつも通り、大将と女将さんの姿が。
太麺は茹で時間がかかるので、10分ほどでずっしり重たい丼で着丼。

MARUNAO

あつもりの極太麺はヒタヒタの塩スープの中にとろけるチーズと混ぜられ、上には食べやすく刻まれたタマネギ、ピーマン、パプリカ、チャーシュー等。そしてその上からたっぷりの粉チーズと刻みネギ。

MARUNAO

これは。。北品川の旧店舗時代のレギュラーメニューの一つ「塩チーズ」を彷彿とさせるルックス!
ちなみに7年前、旧店舗で食べた塩チーズはこちら。

MARUNAO

最近の上品で美しいラーメンもいいですが、そんなの知ったこっちゃない、というこのヤンチャなオリジナリティが(・∀・)イイ!!
旧店舗バージョンの塩チーズに比べ、今回ののり塩チーズは野菜やチャーシュー等も入ることで、若干大人になったというか、常識感が増した感はありますw

MARUNAO

さて、全体をグリグリと混ぜ込みいただきましょう。
菅野製麺製のモッチリしたあつもり極太麺は風味よし。

MARUNAO

ここに粉チー&とろけるチーズがたっぷり混ざりこむので、溶けたチーズがネットリと塊になり、トッピング具材を巻き込んで麺に絡みつく感じ。チーズたっぷりなので、結構食感は重たいです。塩気はちょうどいい塩梅。

MARUNAO

また、チーズと海苔って「チーズおかき」に代表されるように、結構相性いいんですよね。
チーズの乳臭さと海苔の香ばしさがいい感じにマッチします。

MARUNAO

チャーシューはバラ煮豚を刻んだものがたっぷり。醤油味なのでいいアクセントになります。
刻み生野菜はすごくいい清涼剤。個人的にはもう少し多めにあるとチーズの重さをコントロールしやすいかな?

また、別皿で提供されるレモンはさっぱり味変アイテム。
別添で豆板醤が出てくるのも、昔の丸直っぽい攻めてる感がいいなぁ。チーズ+豆板醤??と疑問に思いつつ半分ほど投入すると。。あ、意外に合いますね。豆板醤の辛味がいいアクセントになりつつ、同じ発酵食品であるチーズとの相性も悪く無いです。

ということで、ザクッといただき固形物完食でごちそうさまでした。
最初チーズの重さがグッと来ましたが、飽きさせずに最後まで食べさせる味変アイテムがいい存在感出してましたね。
移転前の塩チーズそばの記憶とオーバーラップして、なんだか懐かしい気分になりました。

・・・つか、あの時代の丸直さんはキレッキレの限定連発してたんだよなぁ。。
今のレギュラーは旨いけど洗練されているので、また当時のような荒削りだけど攻めてるやつが、せめてゲリラ限定で食べられるとうれしいかも。
ちなみにゲリラ限定はSNSで告知等されていないので、当日お店に行った人しか何が食べられるかわからないという楽しさがあります。
こりゃもっと通え、ということですな(;´Д`)

--

丸直


関連ランキング:ラーメン | 新馬場駅青物横丁駅北品川駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2644-069bc28a

<< topページへこのページの先頭へ >>