しょうゆうどん大(500円)+ちき天(200円)@四谷三丁目・松井製麺所

2017-06-29
今日のランチは四ツ谷界隈で。
灯花の背脂煮干を狙おうかと思い歩いていたのですが、いかんせん暑くて。。orz
冷たいうどんをツルリという気分だよなぁ。。そういえば四谷三丁目にオープンした讃岐うどんのお店、各方面の先達が絶賛してたっけ、と思い出し曙橋方面から新宿方面へ舵を切ります。
なんでも、香川ではかなり有名なうどん屋さんの東京進出(移転)だそうで、かなり楽しみ。

ラヲタ的には「灯花百花繚乱」の斜向かい、と言えばわかりやすいかな?
半地下のお店はちょっとわかりにくいですが、外の「さぬきうどん」の文字が目印。
ちなみに今日までプレオープン、7/1からグランドオープンとのこと。グランドオープン時には営業時間等も変わるのかな?

平日14:40到着。前客6、後客3。この時間でも結構入ってますね。
店内は結構広く、壁に面するカウンターとテーブル席が多数。
注文時は、一番奥にある厨房前で口頭オーダー→バットに並ぶ天ぷらをセルフで選びお会計、という他のセルフ讃岐うどん店と同じ方式。

MATSUI SEIMENJOMATSUI SEIMENJO

ちなみに店の入り口付近には誇らしげ(?)にうどん粉の袋が積んでありました。
ん?このYAMATOってロゴ。。あの製麺機の大和ですか!
今や「大和麺学校」のおかげでラーメンの人にも有名になっちゃった大和ですが、もともとはうどん製麺機のメーカーでしたよね。粉も作ってるのか。

MATSUI SEIMENJOMATSUI SEIMENJO

メニューは、かけ、ぶっかけ、しょうゆ、釜玉、カレーの5種類。
とにかく冷たいのが食べたいのと、やっぱり初めてくるお店なので出汁はチェックしないとね、と「冷かけってできますか?」と聞くとやってないとのこと。
うーん、ではしょうゆで。「冷たいのと、ぬくいのどちら?」「冷たいの、大でお願いします!」

うどんはある程度茹で置いたものを再度冷水で〆ての提供なので、瞬時に着丼。
(釜玉は都度茹でになり、会計後席に持ってきてくれていました)
また「これかけてくださいね」と醤油のボトルも渡されます。
そして「今揚がりました~、ちき天になります!」という声と共に、バットには「半身揚げか?」と思えるサイズ感のちき天(いわゆる鶏天ね)が。
・・・こんな演出されたら食わないわけにはいかんwトングでお皿に載せてお会計。

MATSUI SEIMENJO

まだプレオープンということで、スタッフは総出でオペレーション習熟中。レジ操作もまだぎこちない感じでしたが時が解決してくれるでしょう。
レジの後、薬味コーナーで生姜とネギをいただき、やかんから水を注いて客席へ。

MATSUI SEIMENJO

いざ座ってうどんをまじまじと観察。
表面がスベスベツヤツヤと光りエッジが反り、見るからにモチモチしてそうなルックス・・・これはうまいやつ!
醤油うどんと言えば、おろしや酢橘が付いてきたりする店が多いですが、此方は潔くうどんのみ。それだけ自信があるということでしょう(薬味コーナーにレモンがあります)。

MATSUI SEIMENJO

では、まずは醤油をかけずに麺だけズズズ。
うん、これ好きですね!
麺を口に入れた瞬間の感覚は、語彙がバカみたいで申し訳ないのですが「お餅みたい?」。
ツルリとした表面、そして羽二重餅のようになめらかで柔らかな歯ごたえ。
しかしただ柔らかいわけではなく、ここからが讃岐うどんの真骨頂!奥にモギュッと強い弾力があり、啜ればモニューン!!と伸びる。

MATSUI SEIMENJO

東京では讃岐うどんのコシは硬さみたいな認識をされている部分もあるかと思いますが、現地にうどん合宿に行って知ったのは、こういう弾力こそが「コシ」であるということ。
特にこちらのうどんは、縦方向(噛み切る方向)と横方向(麺線の宝庫王)の弾力が両方共ものすごいんです。
しかも、噛むと小麦の甘みが口に広がり。。。目の前に広がるイメージはもう、香川の小麦畑(謎)。
武蔵野や吉田うどんとかだと結構塩を入れる印象が強いのですが、こちらはうどん自体の塩気はありません。
この手のやわらか麺、釜玉でズボズボ食ったらむちゃくちゃ旨いだろうなぁ。。

出汁醤油をボトルから一滴出して味見。
うは、この醤油もうめぇ!
醤油のキレも持ちつつ、甘みと旨味がとても強くまろやかですね。これ磯辺餅にしたりせんべいに塗ったりしたらたぶん間違いないやつ。TKGにも行けそうだな。。

MATSUI SEIMENJO

醤油を2回し半ほどかけてズズズ。
いやぁ、これはたまらんしょうゆうどん!うどんと醤油だけなのに、箸が止まらぬ旨さです。
麺量は大で茹で後400g強くらいかな?ボリューム的にも満足。
途中から、小鉢に取ったネギとおろし生姜を投入。おっ、この生姜辛くて旨いですね!ネギはジャキッと固くいまいち。

MATSUI SEIMENJO

そして「ちき天」。
これ、なんでかしわ天とか鶏天って言わないんですかね?「ちきん天」の略かな?

MATSUI SEIMENJO

前述の通り「これ雛の半身揚げじゃね?」ってくらいのボリュームがあり、おそらく胸肉を1枚まるごど揚げてるんでしょう。
表面の衣はサクサク、肉はしっとり熱々。またニンニク醤油の下味がばっちり付いており、何もかけずに美味しくいただけます。
「鶏天で200円は高くない?」って思ってたけど、このサイズ、この味ならむしろ安いかも。このトッピングはマストですな。

MATSUI SEIMENJO

ということで、大満足でごちそうさま。
下膳はセルフのはずですが「そのままで結構ですよ~」と。

いやぁ、超ハイレベルな現地仕様の讃岐うどんでしたね。
こりゃ近いうちに、丸香並の行列店になったりしちゃうかも?
混まないうちに、お出汁を味わいに来るとしましょう。

--

松井製麺所


関連ランキング:うどん | 四谷三丁目駅新宿御苑前駅曙橋駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2636-2e29e983

<< topページへこのページの先頭へ >>