キノコのベジ白湯ソバ(920円)+リゾット(80円)@京橋・ソラノイロ トンコツ&スパイス

2017-06-26
今日のランチは京橋あたりで。
相方が、TVで紹介されていた「スパイストンコツパクチーソバ」を食べたいとのことで、京橋ソラノイロへ2度目の訪問です。

休日14:30到着。この時間でも店内は満席、外待ち7。
まぁ、この程度ならすぐに流れるでしょう、と外待ち席へ。
たまたま打ち合わせで京橋店に来たという本店の岩瀬さんとバッタリ→会話をしつつ、待つこと15分ほどで店内へ。
前回スパイストンコツを頂いたので、今日は亡き2号店の名作だった「キノコベジソバ」をいただきましょう。
当然アレは〆のリゾットまでやって完成形なので、リゾットの食券もポチ。合わせてちょうど1000円也。

SORANOIRO

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ、2号店のもカラフルでしたが、あいかわらず女子力高めのルックスw
白いクリームスープの上には液体油の玉が。トッピングは鶏チャーシュー、マッシュルーム、ミディトマト、パプリカ、ズッキーニ、水菜、そしてチーズをパリッと焦がしたやつ。

SORANOIRO

ではスープを一口。
口当たりはサラリとしていますが、しっかりした旨味と塩気を持った豆乳スープですね。
出汁はベジブロスで取っているらしく、なんとビーガンなスープなんだそうで。ただ旨みを足すためにラードも加えているのがラーメン屋としての感性ですなw
また、黒っぽいシイタケオイルを混ぜるとコクと香りが俄然増します。2号店時代は確かポルチーニのクリームがかかってたと思うけど、この手の味変アイテムの使い方、やっぱうまいですね。

SORANOIRO

麺はしっかりしたコシの強い中太平打ち麺。
シャバ系のスープをよく拾い上げてきます。ヘルシーなんだけどきっちり食べごたえがあるのがいいですな。

SORANOIRO

トッピングは野菜中心なのでヘルシー。
ミディトマトは甘み強く、パプリカ、ズッキーニはその食感と彩りがいい感じ。
全体的に優しい味わいなのですが、チーズを鉄板で焦がしたサクサクのやつがキリッと塩気が効いており、味わいのいいアクセントになります。
鶏チャーは胸肉の低温調理。しっとりしててこのスープに合いますね。

SORANOIRO

本店だとこのあたりジャストのタイミングでリゾットを持ってきてくれるのですが、さすがここはまだそこまでオペレーションのレベルは高くないかな?店員さんにリゾットをお願いし、数分でリゾット到着。

SORANOIRO

豆乳クリームスープ+白飯+チーズ=まずいわけがない!
ザクザクといただき、完汁でごちそうさま。

SORANOIRO

「ラーメン」を期待してくるとつんのめるでしょうが、女子ウケだけじゃなく男子も楽しめるスープパスタ風の一杯でした。
2号店のキノコベジも旨かったので、その魅力を引き継ぎリバイズしたこちらも間違いないってことですね。
これ系って、ラーメン屋が作るととたんにダサくなってしまいがちですが、そうならないのは宮崎店主のセンスってところかな。
此方の面白いところは、パスタ風なんだけど最後にはしっかりラーメンに着地させてくるところですね。
限定もいろいろやってるみたいだし、また来なくちゃ。

--

ソラノイロ トンコツ&キノコ


関連ランキング:ラーメン | 京橋駅宝町駅銀座一丁目駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2634-de2fa500

<< topページへこのページの先頭へ >>