味噌ラーメン(800円)+豚ごはん・酱油(300円)@荻窪・味噌麺処 楓

2017-06-23
今日はどうしても札幌味噌っぽいやつが食べたい気分。
ということで、東京で味噌ラーメンと言えば必ず名前の上がる名店「花道」さんの二号店「」を初訪問。
桜木からの流川。。スラムほにゃららw

平日14:25到着。前客3、後客1。
この場所は、もともと「四麺燈」があった場所ですな。

KAEDE

お腹ペコペコだったので、デフォの味噌ラーに加え「豚ごはん」の食券もポチ。
本店だといつも「チンピラ玉子(辛い味噌ダレに漬けられたウズラの玉子)」も頼むんですが、今日はスープを素で楽しみたいので我慢。
#ちなみに「チンピラ」の語源ですが、元々本店で激辛メニュー「番長」というのがあって、辛いの繋がりで「番長」→「チンピラ」に成長したのでは?と推測w
食券を出すタイミングで「豚ご飯は醤油とピリ辛から選べます」とのことで醤油で。

厨房を見ていると、中華鍋で味噌を焼きつつスープを注ぎ、中本の仕込みばりに野菜や挽肉が炒め煮状態になっている中華鍋から取り出す野菜と、その都度軽く茹でるモヤシを組み合わせてるみたいですね。
待つこと5分ほどで着丼。

KAEDE

ほぉ。。なんというか、リノベーションしたサッポロ味噌?的な雰囲気。
大きく深い丼にたっぷりの味噌スープ。丼の形を変えればこの2/3くらいには楽勝でできそうなのにこの丼で提供ってのが潔い。これスープの原価結構行ってるでしょうね。。

KAEDE

具は前述のパキモヤシ、クタモヤシ、クタ玉ねぎ、ネギ、ニラ、挽肉、チャーシュー。そして上から生姜餡がかけられています。
この生姜餡、本店の限定メニューで何度か見かけたやつですな。

KAEDE

ではスープを一口。
おっ、想像よりかなりドロリとしたド乳化スープ。
オイリーさも強く、最近サラリとしてきた本店のスープとは対照的な気が。
焼けた味噌の香ばしさと味噌の香りがたまらないのは本店同様。ただ、味噌らしい味わいはこちらの方が強いかな?極端に言うと、本店が白味噌系の優しい味わいだとしたら、こちらは赤味噌系のキレがありキャッチーな風味。
ベースは豚骨+鶏とのことで、どっしりした旨味は上に何を載せてもびくともしない感じ。

生姜餡はしっかり生姜の辛さを感じるもので、スープに溶け出すとキリリと雰囲気を引き締めてくれます。
純すみ系ともちと異なる、パンチ効いてて実に旨いサッポロ味噌スープですな!
食べ応えも強いし、塩分濃度もガツンと強め。これはチェイサーとして白飯が欲しくなるレベル。

KAEDE

麺は王道の西山製麺製、黄色い麺色の丸断面細縮れ。
最初はコキコキしたコシの強さを感じるものですが、後半になると徐々にスープに馴染んできます。
ただ、やはり体感ボリューム的には、花道の極太麺の方が食べ応えはあるかな。。麺量は150g程度かな?

KAEDE

チャーシューはロース系煮豚の厚めのスライスが2枚。ホロリと柔らかく旨いですね。麺よりボリュームがあるので、白ご飯に載せて食べるのと幸せになれそう。
また、クタクタでスープがよく染みた野菜と、パキパキの食感のモヤシの両方が楽しめるのもいいですね。

KAEDE

豚ごはんは、大きなサイコロ肉がゴロゴロ載っているかと思いきや、荒目の挽肉くらいのサイズ感なんですね。。酱油ダレがキリッっと効いていて旨いんだけど。。。これショッペー!!

KAEDE

ラーメン自体が相当塩辛いところにサイドメニューも容赦なく塩辛いので、逃げ場がありません。やはりここは白飯が正解だったようで。
ご飯の量はお茶碗にしっかり一杯分。200円だったらマストなサイドメニューですが。。300円だと値段なりでしかない、という感想かな。

ということで、超汗だくになりつつお腹いっぱい大満足でごちそうさま。
やはり名店花道、本店とはまた異なる王道のサッポロスタイルでハイレベルにまとめてきましたね~。
未食メニューもまだまだあるし、最近つけ麺も登場したらしいので再訪は確実。次回は白飯とチンピラ玉子を追加だな。。

--

味噌麺処 楓


関連ランキング:ラーメン | 荻窪駅


関連記事
コメント:
2号店行けてません(^_^;)
って、花道のような極太麺ではなく
西山製麺だったんですね。
これはこれで面白そう。暑さ和らいだころ狙いたいです。
[2017/06/26 08:42] | Y #- | [edit]
>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そう、こちらは本店と違い細麺なんですよ。
そのくせ、本店より濃厚なスープなんで、かなりパンチの効いた、ライスのほしくなる一杯になってます。

最近つけ麺もスタートしたらしいので、夏に訪問しても大丈夫かと!w
[2017/06/27 22:55] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2633-02e1de4c

<< topページへこのページの先頭へ >>