かきあげ天そば(380円)+のり巻(70円)@九段下・そば うどん むさしの

2017-06-18
今日のランチは九段下あたりで。
店主さんの体調の都合で長期休店し、復活が望まれていた「むさしの」さんが復活!とのことで久々に訪問です。

平日13:50到着。前客1、後客0。この時点で暖簾が降りました。ギリセーフw
厨房には丁寧な物腰の店主さん。
こちらは口頭注文→店主さんが瞬時に暗算し、買うべき食券金券の額を教えてくれます。
その額の金券を購入し手渡し、というルール。現金を触らないためのシステムってところですかね?
(まぁ、普通に食券製でもいいとは思いますがw)

MUSASHINO

茹で麺、揚げ置きなので瞬時に着丼。
ではお汁からズズズ。

MUSASHINO

醤油の尖りはなく、フワッと節と昆布の旨味が広がる、非常に優しい味わい。無化調です。
暗黒汁の力強いお汁もいいですが、こういう、何の引っ掛かりもなくストンと胃に落ちていくスープも心地よいですねぇ。
この良さは若者にはわからんでしょうw

MUSASHINO

そばは茹で麺で、ちょっと黒っぽく細いもの。
こちらもお汁と同じく優しい雰囲気で、フカッとした歯ざわりがいい感じ。柔らかいんだけど、ダメな路麺のデロデロ感とはまた違う食感なんですよね。
卓上の柚子一味をかけるとまた爽やかになっていい感じ。

MUSASHINO

かき揚げはタマネギとニンジンが主体で、衣は厚くいわゆる「粉モン系」ですね。干しエビの赤と春菊の緑が見た目のいいアクセントに。
お汁を吸うとずっしりした重み。グズッと柔らかい衣もまたいい感じ。

MUSASHINO

のり巻は、飯田橋の名店「稲浪」製のものでしたっけ。前回品切れだったので今回初ゲット!
稲浪ののり巻は60円ですが、これは製造元直販だから、ということでしょうねw

MUSASHINO

甘辛く煮こまれたかんぴょうがたっぷり入ってるのですが、このかんぴょうがまた柔らかくていい感じ。
ガブリとのり巻を齧ると、かんぴょうもスッと噛み切れるんですよね。酢飯のお酢の具合もいい感じで、こりゃ名作と言われるのもわかります。
そばはちょい少なめなので、こののり巻を付けてちょうどお腹いっぱいでごちそうさま。

うん、「何の変哲もない」のがいい、安心できる昔ながらの路麺という感じで、こういうお店は長く続いてほしいなぁ。
またお世話になります。

--

むさしの


関連ランキング:そば(蕎麦) | 九段下駅水道橋駅飯田橋駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2629-58b789a4

<< topページへこのページの先頭へ >>