日乃屋カレー生玉子・大盛(730円)@半蔵門・日乃屋カレー 半蔵門店

2017-05-10
今日の遅いランチは会社近くで。
たまに訪れる「カレースタンドな気分」なんですが、ココイチって感じじゃないな。。
そうだ、半蔵門の駅近くに「日乃屋」できたんだっけ。。「神田カレーグランプリ」とかいうイベントで1位を取りまくっているという味を確かめに初訪問。

HINOYA

平日15:35到着。前客2、後客1。
ココは確か居酒屋だった物件ですな。一応改装されてはいますが、カウンター上の照明とかに和風の名残が見られますw
若干複雑な形状のカウンター席に陣取り、「日乃屋カレー生玉子」をお願いします。大盛無料とのことで当然大盛で。
#つか、後で考えたらこれにプラス110円でカツになるのか。。。カツにすればよかったか(^_^;)

HINOYA

数分で着丼。
こんもりと盛られたライスにまんべんなく薄めにかけられたルー。頂上には生玉子。
見た目はちょっと「インデアン」ちっくかな?

HINOYA

では早速一口。
ルウはドロリと粘度高め。初動はまったりした甘さが広がりますが、そこからグンと立ち上がる辛味!
なるほど、ここらへんの演出もインデアンっぽい雰囲気がプンプンしますね。
ただ、インデアンのルーが、フルーティな甘さがスッと引き、シャープなスパイスの辛味がグイッと立ち上がるのに比べると、甘ったるさが強くいつまでも口に甘みが残り、辛さも鈍器的かつ若干粗野な印象。

HINOYA

ピーク時の辛さ自体はそこそこあり、市販の辛口ルウより辛いかも。ただそこまで複雑なスパイス感はありませんね。塩気はかなり強め。
具はほとんどルーに溶けていますが、肉片が所々に確認できます。

大盛だとライス400g程度かな?皿も大きくなかなかボリューミィですね。米は固めに炊かれカレーには最適。
そして、玉子を割ると鉄板のマイルドさがいい感じ。

HINOYA

サクッといただき、まずまず満足でごちそうさま。
うん、確かに普通のカレースタンドのカレーとは厳然たる差があり、後をひく個性があるのは理解しました。ただ、俺の中では「インデアンの劣化コピー」という印象だったかなぁ。
日乃屋の味を気に入った方なら、たぶんインデアンカレーを食べたらもっと気に入ってもらえそうです。

ちなみにインデアンがデフォ750円+玉子50円で計800円なことを考えると、こちらはピクルスは付かないとはいえ、大盛り無料で730円。しかも東京には1店舗しかないインデアンに対し、こちらは手広くFC展開。そしてカツをはじめトッピングも豊富。
・・・そういう意味では魅力あり、かな?
いずれにせよ、使い勝手のいいお店が会社近くにできるのはいいことです!

--

日乃屋カレー 半蔵門店


関連ランキング:カレーライス | 半蔵門駅麹町駅永田町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2598-6cebf4c3

<< topページへこのページの先頭へ >>