チャーハン(750円)@鮫洲・つけ麺大王 鮫洲店

2017-05-01
打ち合わせが連続し完全にランチのタイミングを失い、相当遅めのランチ難民となってしまった品川シーサイド。
腹が減ってたまらないので晩飯まで待てない!とにかく何かガツンと腹に入れたい!
ということで、チャリでシュッと鮫洲の免許センター前へ。そう、鮫洲と言えば。。つけ麺大王
なんせあのアド街ック天国の鮫洲の回では毎度上位にランクインする鮫洲名物ですからねぇ(他にお店がないとも言うw)。

平日16:40到着。前客0、後客1。
店内はかなり年季が入った感じ。客席は厨房を囲むコの字型カウンターのみ。

DAIODAIO

壁にはメニューがたくさん。ココ、結構割高なんですよね。
うーん、麺類は地雷だろうし、やっぱ鍋振り中華屋と言えば炒飯かな?とチャーハンを口頭オーダー。
換気がいまいちでチャーハンを炒め始めると店内がモクモクに!此方禁煙じゃないので、他の客にタバコ吸われたらかなりアレかも。

しっかりした鍋振りの後、待望のチャーハン着丼。
うんうん、なかなかいい感じ!具はチャーシュー、玉子とネギとシンプル。

DAIO

では早速一口。
ほぉ、パラパラ系ではなくしっとり系ですな。
しかしベタッとした感はなく、きっちり油が米を全面コーティングしており、口の中でハラリとほぐれる食感がいい感じ。
味付けは塩胡椒中心で、タレも少々。化調もガッツリ聞いており、非常にわかりやすい美味さはあります。

DAIO

ご飯のふっくら感と甘みも感じられますが。。。ただ。。。えぇとですね、ものすごくしょっぺー!!
タレ系のしょっぱさではなく、塩をグワシッと大量に入れてるくさいですね。いくらブルーカラー向けだとは言え、もうちょっと控えてもらえるとうれしいかな?たまたまかな?

DAIO

チャーシューはワシッとした煮豚の角切りがたっぷり。
こちらも醤油ダレがきっちり染みておりしょっぺー!でもこれは結構癖になる味かもですね。
玉子とネギは控えめで、ガツンと米と肉を喰わせるチャーハンという印象。

DAIO

付属のスープは、他の大王と同じくいわゆるラーメンスープと思いきや。。。あら?白湯??
一口飲んでみると、豚強めの微濁スープに化調を効かせ、なんと魚介風味も。ちょい「和風豚骨」。。あ、これスガキヤっぽい??w
具はモヤシとワカメがたっぷり、白ゴマも入っててなかなか満足度高いです。意外〜。

ということで、ショッパーなのはご愛嬌として、それ以外の要素はなかなか気に入りました。
ご飯の量も400g以上はあり、C/P的にもまずまずでしょう。
大王の炒飯が旨いという(都市)伝説はいろんな所で聞きますが、鍋振る担当によっても全然味変わるでしょうし、こればかりは一期一会の楽しみ、ってところでしょうね。今回は当たり!

つけ麺はC/Pイマイチっぽいし。。次回来た時もチャーハンかな?

--

中華つけ麺大王 鮫洲店


関連ランキング:つけ麺 | 鮫洲駅青物横丁駅品川シーサイド駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2592-c28d03cb

<< topページへこのページの先頭へ >>