納豆中華そば(900円)@湯島・らーめん天神下大喜

2017-04-20
今日のランチは湯島近辺で。
旨い店はいくらでもありますが、22日で移転閉店してしまう大喜さん詣りといきますか。

平日13:50到着。ピークは外したものの店内はほぼ満席。後客続々で待ち発生。
つか、店内を見回すと。。すごい昼酒率なんですけど(゚д゚)!
・・・皆さん何してらっしゃる人たちなんでしょうか(俺もなw)?

中太麺は既になくなってしまったそうで、券売機のつけ麺ボタンには×が点灯。
汁そば系も全て細麺での提供になるとのこと。
今日はずっと食べたかった「納豆中華」をポチ。

DAIKI

カウンター席へ着席し食券を提出。
近所の常連さんと店主さんの会話に耳を傾けつつ待つこと6分で着丼。

DAIKI

ほぉ。。。フワッフワの納豆エスプーマが丼を覆っており、これは間違いなく旨そう!
納豆ラーメンというと、満来/ほりうち系のやつを想像しますが、あのゆるい魅力とはまた異なる雰囲気。
エスプーマの上には、チャーシュー、メンマ、ネギ、カイワレ、ナルト、鶏ミンチ、刻み海苔、黒っぽいのはごぼうの山椒炊きだそうで。

DAIKI

では早速スープを一口。
・・・うまぁ(*´Д`)
満来系のやつは、玉子で泡立ててあるとは言えスープと納豆の分離性が高く、徐々に一体感がなくなっていきますが、これはスープと納豆の一体感が見事!

DAIKI

納豆はひき割りで弾力的かつクリーミーに泡立てられており、鶏+薄口醤油のスープと完全に一体化。後半になってもほぼこの風味のエロいバランスが変わらず推移するって結構すごいかも。
薄口なのでタレの醤油らしい尖りは控えめですが、塩気は結構強めに付けられており納豆の風味と同等に渡り合います。

DAIKI

麺はとりそばと同じ、細ストレート(うわ、湯気でピン抜けたorz)。
やや柔らかめでムニョッとした仕上がりですが、その細さでもって納豆スープをグイグイ引き上げてきます。
納豆系メニューって、この「ズビョビョビョビョ!」って啜るのがまた気持ちいいんですよねぇ。

DAIKI

また、非常に効果的な味のアクセントとなるのが、生姜風味の鶏ミンチと、ごぼうの山椒炊き。
納豆の甘みが、生姜と山椒の刺激でもってより引き立つ感じですね。この使い方はお見事!

ネギは白髪で、ジャキッとした強めの歯ごたえと辛味があります。最初ちょっとうるさいんだけど、スープに沈めてしばらく温めてから麺と一緒に食べると、いい食感のアクセントになりますね。
チャーシューは煮豚スライスで、箸で持つとホロリとほぐれる柔らかなもの。

麺量はそれほど多くないので、あっという間に固形物完食。
ランチ限定の50円ライスも一緒に頼んでスープにドボンしてもよかったなぁ、と思いつつスープの底に沈んだ納豆をサルベージしつつスープも飲んでいたら、いつの間にかスープもなくなり大満足でごちそうさま。

いやぁ、前評判が非常に高く間違いないとはわかっていましたが、その上で予想を上回る旨さでしたね。
この納豆とスープの一体感は、納豆ラーメンの概念を変えさせられるレベルだったかも。
納豆好きにはマストな、幸せな気分になれる一杯でした。

さてこちら、22日に閉店した後は、台東の蔵前橋通り沿いに6月に移転オープンとのこと。駅的には末広町が最寄りになるんですかね?
旧店舗に愛着のある方も多いと思うんですが、個人的にはあの店内の臭い(グリトラの臭い?)が苦手でして、新店舗ではそういうのがなくなるとうれしいなぁ、と。
それと、立地的にも移転後の方が行きやすくなるので歓迎だったりします(カウンター席のみになり、客席数は減るとのこと)。またお世話になります。

--

大喜


関連ランキング:ラーメン | 湯島駅上野広小路駅上野御徒町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2584-15e1a6e3

<< topページへこのページの先頭へ >>