手打タンメン(750円)@大門・集来

2017-04-14
今日のランチは大門
なんとなく麺で野菜をたっぷり摂取したい気分だったこともあり、チョイスはタンメンですな。
ということで、大門でタンメンと言えば必ず名が上がる「集来」さん。
前回絶品の冷やし中華をいただきましたが、今回はタンメン狙いで再訪。

平日11:20到着。前客5、後客続々ですぐに満員に。
その後、外待ちも発生。人気ですな!

SYURAI

ここでの注文方法は、入店→セルフの水汲み機で水をコップに汲む→尾根遺産に口頭オーダー→空いている席に着席、というのが正規の流れなのかな?(前回訪問時、常連さんっぽい方はみんなそうしていた)
とりあえず、水を汲んで着席。尾根遺産と目があったタイミングで「手打タンメン」をお願いします。
ちなみにこちら、川崎方面から多摩川を越えるとなかなか見なくなる「サンマー麺」があるのは珍しいですね。

厨房からは中華鍋を振る音が聞こえて。。。きません(;´Д`)
俺のタンメンはいつ調理されるんだろう?と思っていたら7分ほどで「タンメンです」と着丼。

SYURAI

ほぉ。。。こりゃ「炒めない系」のタンメンですかね?
スープは油分ほぼなく非常にクリアなもの。野菜はたっぷりで、モヤシ、白菜、人参、小松菜。この時点で麺は見えません。

SYURAI

ではスープを一口。
おぉ。。。ライト!生姜の効いた超軽量鶏ガラスープといった風合い。
化調の押し出しも多少あるかな?でも旨味は控えめで塩味強め。

SYURAI

野菜は軽く煮込んだといった感じ。従ってスープに野菜の甘み等は移ってないですね。
肉もないので、スープがシャバく感じるのはこのせいなのかも?
パキパキでシャキシャキな野菜の食感は楽しいけど、スープが弱いので野菜の青臭さが目立っちゃいます。個人的には炒め煮したのが好きかなぁ。

SYURAI

しかしこの丼の主役は麺!
「手打ち」と「じゃない」のから選べ、手打ち麺は+30円になります。
形状は極太平打でかなり強めに手揉みされており、強い縮れを持ったもの。
噛みしめるとムッチムチの弾力。食感はほうとうとかすいとんとかに近いかな?
非常に食感のインパクトがある麺なのですが、それに対しスープが弱いかなぁ。。。もっと麺の強さと同等の、例えばとろみ付きのメニューとかなら大化けするかもですね。

麺量は少なめ。サクッと食べてごちそうさまでした。

うん、麺のインパクトは満点。ただしスープや具材とのバランスがちょっと物足りなかったかな?
このスープならノーマル麺の方がよさげで、またこの麺を活かすスープを探しだすのもここに通う理由になりそうですね。
次回は何にしようか迷うなぁ。。

--

集来


関連ランキング:ラーメン | 大門駅浜松町駅芝公園駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2580-c51e132e

<< topページへこのページの先頭へ >>