ラーメン・ヤサイニンニクアブラ(750円)+生玉子(100円)@白山・ラーメン荘 夢を語れ 白山店

2017-04-03
今日の晩飯は後楽園~巣鴨あたりで。
腹ペコなので、気分はJな感じかな?
ということで、関西からの逆輸入J系店となる「ラーメン荘」へ。
関西では京都の一乗寺、それから伏見に行ってますが、そういや立川のたま館にも一時期出店してたっけね。
ルーツを辿れば「富士丸」もっと辿れば「マルジ」さらに辿れば赤羽二郎、という正統なる二郎の血筋をひくお店でもあります。

平日20:30到着。
ラーメン荘と言えばどこも行列というイメージが強かったので覚悟していたのですが、なんと拍子抜け、店内は半分ほどの入り。
こりゃラッキー、と思いつつ券売機でラーメン、そして生玉子をポチ。

YUME WO KATARE

カウンター席へ着席し食券を提出。厨房に噂の嬢の姿はなしw
にしても、ラーメン荘の店員さんはみんな元気いいですね!BGMは当然あのオリジナルソングw
待つこと6分ほどでコールタイム。デフォではそれほど盛られないのは予習していたので「ヤサイニンニクアブラ」で。
先に玉子と鷹の爪。そしてまもなくラーメンが着丼。

YUME WO KATARE

うん、ヤサイマシでもそれほど標高は高くなく、これなら楽勝ですな。
また、富士丸系と言えばお約束、アブラは別の茶碗で提供されます。
ちなみにこのアブラ、予めカネシと和えてあるもので、これだけ食ってもめっちゃ旨いやつ。ここに来たらコレ頼まないと半分くらい損してますよw

YUME WO KATARE

ではスープを一口。
状態は非乳化で、濃い醤油色が特徴的。京都で食べた時はかなり甘めのカエシに感じたんだけど、そこまでではない気が。

YUME WO KATARE

豚肉と脂、そして化学の旨味で味わいは抜群。やはりそこらへんのインスパイアに比べキャリアが違いますね~。インスパ系というよりは直系に近い味わいかな。
当然ニンニクとの相性は完璧で、食欲MAX!

YUME WO KATARE

麺は、極太平打でゆる縮れ。最初はちょっとモソゴワッとした食感ですが、徐々にスープを吸ってモッチリ系の食感に。これは直系好きにはたまらない雰囲気!
麺量はデフォでしっかり300g。ヤサイも増したので食いごたえありますよ。

YUME WO KATARE

豚は薄めのものが2つ。1つは脂身多めの箸豚。ホロホロの柔らかさでいい感じに醤油が染みており抜群に旨い!
もう1つは赤身。ちょいパサだったけど、ホロッと柔らかくいい感じです。

YUME WO KATARE

ヤサイは9割モヤシ。シャキッとした食感で臭みなく問題なし。

脂は前述の通り別椀で。甘くて塩っぱくてくどくて最高ですね!

YUME WO KATARE

最初はここに麺を入れて油そば風に。
後半は、このために取っておいた生玉子を投入→タマゴアブラつけ麺!こりゃたまらん。。

YUME WO KATARE

最終的には椀の中のものを全てスープに投入し完食。

いやぁ、安定のラーメン荘クオリティ、満喫しました。
たまたまかもしれないけど、この味が並ばず食えるなら何度でも来たいですね~。再訪は確実!

--

ラーメン荘 夢を語れ 白山店


関連ランキング:ラーメン | 白山駅本駒込駅東大前駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2572-e2c6dfa6

<< topページへこのページの先頭へ >>