釜玉つけ麺(900円)+替え玉(100円)@市ヶ谷・麺や庄の

2017-03-27
今日のランチは市ヶ谷
濃厚系なラーメンが食べたい気分だったので、久々に庄のさんへ。

平日13:40到着。店内は半分ほどの入り。
いつも限定ばかり狙ってしまうので、たまにはデフォかな?
つけ麺もいいけど。。ここは一捻りして「釜玉つけ」にしますか。
この釜玉つけ、その名の通り釜玉(つまり和え麺)としても楽しめるし、つけ汁に浸けてつけ麺としても楽しめる、一粒で二度旨い的なメニューなのです。

カウンターへ着席し食券提出。待つこと6分ほどで着丼です。
うは、これは間違いないやつ!

SHONO

麺側にはチャーシュー、青ネギ、揚げ麺、鰹節、刻み海苔、そして中央に卵黄が載せられており、この状態でまぜそばとして食べられる仕様。
以前梅の和えつけを食べた時は、麺側の器が小さく非常に混ぜづらかった記憶があるんだけど、ちょっと大きくなったかな?

SHONO

つけ汁は庄の自慢の超濃厚動物魚介。

では、あつもりの麺のみを引っ張りだして一口。

SHONO

形状は角断面極太ストレート。ムッチリとした密度感のある麺ですな。風味もしっかり強めでスープに負けないやつ。
んじゃ、卵黄を崩しながら全体をよく混ぜましょう。

SHONO

意外だったのは、麺は特にタレや油とは和えていないようだったこと。
しかしこの状態で食べても、おかかの塩気?による穏やかな味付けと卵黄の旨味で味が薄いとは感じられず、結構食べられちゃう感じですね。
また、おそらく自家製の揚げ麺のパリパリの香ばしさはなかなかいい感じ。

SHONO

釜玉状態でひとしきり楽しんだ後は、「和えつけ」状態へ遷移。
つけ汁はネットリとした粘度を持ついわゆる豚魚ですね。
かなり濃厚な豚骨スープにたっぷりの魚介系が聞かせてあり、特に節系のスモーキーな香りが全体の雰囲気を引き締め、普通の豚魚とは異なる風味を作り出しています。

SHONO

塩気は相当強く、麺を全浸けするとショッペー!!!ここは半浸け~3/4浸けあたりで調整して食べましょう。
また、釜玉側の玉子のまろやかさや鰹の旨味が加わると、またちょっとずつつけ汁の雰囲気が変わりますね。

SHONO

チャーシューはバラ煮豚スライスが2枚。表面をカリッと炙ってあり、脂身も臭みなく旨いです。
浸け汁の底には穂先メンマ。ホロリと柔らかでいい感じ。

麺量はそれほど多くなく、200g程度かな?
腹ペコだったのでちょっと麺量が足りず、「替え玉」をお願いします。

SHONO

替え玉はラーメンに使われる角断面細ストレート。
前回頼んだ時も驚きましたが、半玉どころか1玉出てきますwこの量はハラペコにはありがたい!
また、あつもりで来るのかと思ったら、つけ麺の場合は「ぬるもり」くらいに〆てくれるんですね。
上にはネギと刻み海苔もかけられ、ちょっとした和え玉風ですw
つけ汁がまだまだ濃いので、店員さんにお願いしてちょっとだけ割ってもらって、今度は「細つけ麺」として楽しみましょう!

SHONO

食べてみて驚いたのは、この細麺、つけ麺としても十分使えるポテンシャルがあること!
モギュッとした弾力、パツパツ、コリコリの噛み心地、そして麺単体での豊かな風味。
うーん、さすが自家製麺。日々バージョンアップしてるんですな~。

SHONO

で、これをちょいシャバにしたつけ汁に潜らせ啜ると。。おぉ、これはさっきまでとは全然違う一杯に!
麺とつけ汁のバランス感が変わるので、また新たな一杯、という感じで新鮮な気持ちで食べ進め、ペロリとたいらげごちそうさまでした。

久々にレギュラーメニューを食べましたが、さすが人気店、相変わらず高品質をキープしてますね。
これでトータル1000円はちと高い気もするけど、1000円で店内連食したと思えば安いもんだわw
こちらのお店、つけ麺は大盛にせずに替え玉にした方が2倍楽しめるのでオススメかも。

--

麺や 庄の


関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅牛込神楽坂駅麹町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2566-6e204be7

<< topページへこのページの先頭へ >>