【限定】豚足入り中華そば(900円)@大阪市/谷町四丁目・Ramen辻

2017-03-20
今日の晩飯は大阪、堺筋本町あたりで。
行きたかったラ店の前に行くと、なんと臨休orz
遠征でフラれるとかなり痛いですよね。。。しかしここは大阪!行きたい店はいくらでもあるわ!

ということで、そこから1駅分歩き、先日エスプーマ豚スープがなかなか旨かった」さんへ再訪。
なんでも、平日夜と土曜にだけ「高井田式」っぽい限定を出してるらしいんですよね。

平日18:20到着。前客1、後客3。
相変わらず、ミシュラン取れちゃいそうなモダンジャパニーズでかっこいい店構え。

TSUJI

清潔感あるカウンター席へ着席し、「豚足入り中華そば」をお願いします。
そう、先達のレビューによれば、これが高井田+豚足的なやつらしいのです。
これまで豚足ってちょっと苦手だったんだけど、最近旨いお店に連れて行ってもらいその旨さに開眼したので、こちらもどんな感じなのか楽しみ。

TSUJI

待つこと5分で着丼。
ほぉ~!ほんとだ!ブラック!

TSUJI

真っ黒なスープの表面は結構厚めの液体油。そして具にはプリプリのほぐし豚足が。薬味は白髪の(?)青ネギ。
また、「辛さ足したかったらどうぞ」と鷹の爪が。辛旨なアレンジもできるんですな。

TSUJI

では、早速スープを一口。
おぉう、かなり力強い醤油味が牽引するアレンジ。前情報通り「高井田式」ちっくな雰囲気のブラックスープと言えそうです。

構成としては、しっかりした動物系ベーススープに甘辛い醤油ダレという組み合わせ。
出汁感より圧倒的にカエシの存在感でもっていくタイプですが、決して富山ブラックみたいに塩辛すぎないのが関西クオリティかな。また高井田式はベースがスカスカで、でもそこが良かったりしますが、こちらは全体的にかなり骨太マッチョな印象。
また、表面には液体油が厚めに張られていますが、顔を近づけると。。これ結構ニンニクフレイバー強めなんですね!
甘辛醤油+ニンニク臭・・これだけでもう間違いないやつだわ。

TSUJI

麺は棣鄂製、デフォとは異なる中太平打ストレート。
ザクッとした歯ごたえの中〜低加水の麺で、スープの絡みも問題なし。風味もしっかりしており、このスープとの相性バツグンですね。

TSUJI

そして主役、豚足
綺麗に骨から外された豚足は、見た目的にはマルチョウ?みたいな感じ。箸で持つと崩れてしまうほどホロッホロでプリップリに煮込まれています。

TSUJI

普段食べる豚足って、台湾的なニッキ臭い味付けがスタンダード?っぽい気がしますが、こちらはシンプルな醤油味。
口に入れると雑味なく、スープの風味+ネットリとしたコラーゲンの食感が合わさり、最高に旨いですね〜!
感覚としては、超ホロホロなシロとか、新鮮でプリプリな鶏皮を食べてる感じに近いです。

TSUJI

また、豚足以外にも、こちら自慢の豚チャー、鶏チャー、そして軟骨入りの鶏つくね的なものガゴロゴロ。
豚は低温調理でシットリした仕上がり。鶏は胡椒が効いた個性的な味付け。

TSUJI

短冊に切られているので食べごたえもかなりありますが。。。やはり豚足のプルプル感の後に食べるとどうしてもパサ感を強く感じてしまうんですよね。この一杯における必然性という意味ではどうかな?
むしろ、これいらないから780円くらいにしてくれた方がうれしいかも。
青ネギはジャキッとした歯ごたえと爽やかな風味が、濃い風味一辺倒の丼の中をスッキリさせてくれます。

ということで、サクッといただき満足でごちそうさま。
前回頂いた醤油に対しかなりジャンク度が強い感じで、これまた中毒者を生みそうなメニューでしたねぇ。TKGとかと一緒にかっこんだら最高かも!

ちなみにこのメニュー、最近「豚醤油」と名を変えレギュラー提供となった模様。やっぱ好評だったみたいですね!

--

Ramen 辻


関連ランキング:ラーメン | 谷町四丁目駅天満橋駅谷町六丁目駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2562-cde11f89

<< topページへこのページの先頭へ >>