煮干そば(780円)+和え玉(150円)@恵比寿・おおぜき中華そば店

2017-03-16
今日の晩飯は恵比寿で。
では、久々におおぜきさんでも行きましょうか。

平日20:40到着。ご無沙汰しておりま。。。えっ?なんと前客0!
こちらのお店に通うようになってから初めての出来事だったので、厨房の高橋さんに一瞬「やってますよね??」と聞いちゃいましたw
たまたまのエアポケットだったようで、すぐに後客が続きほぼ満席に。あぁ驚いた。

毎日変わる3種の限定も気になるけど、先日こちら出身の「いづる」の煮干を食べたこともあり、本家の煮干を食べておきたくなったんですよね。
ということでこれまた久々にデフォ「煮干」をポチ。

食券を出し、待つこと3分ほどで着丼。

OZEKI

うんうん、久々に見るこのルックス。
ちょい灰緑色的な煮干スープの表面には液体油、そして煮干粉がキラキラと。
その上にはチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、ナルト、AZS味玉。

OZEKI

ではスープを一口。
おっ。。以前の記憶、そして「いづる」の煮干に比べ、比較的甘口で穏やかに感じますね。
サラリとした口当たりのスープは、煮干感はしっかりあるんだけど、クセをグイッと出した感じではなく全体のバランス重視。
スープ自体は煮干オンリーですが、動物系の油がしっかり効いているので、物足りなさはありません。

OZEKI

カエシは、中華用の醤油ダレと白湯用の白醤油ダレをブレンドしたという薄口醤油的な味わい。この方が煮干の風味を壊さずいいバランスに仕上がりますよね。塩気の尖りもなんだかマイルドで、大人風って感じw
ただ、レシピ変わりました?って聞いてみると、変えてないそうで(^^;)
仕入れた煮干によって、クセが抑えられた仕上がりになる日もあるんだそうで、そういったタイミングに当たったのかも?
いずれにせよハイレベルな煮干スープであることには変わりなし。

OZEKI

麺は大栄食品製、低加水コリコリ系の角断面細ストレート。
風味よく、スープとの絡みも良好です。

OZEKI

チャーシューは豚と鶏。どちらもミッチリ身が詰まっており旨いですね。
メンマはシャクシャクの穂先が2本。海苔とナルトのセッティングは、いわゆるおおぜきスタイルw
味玉は、相変わらず生姜醤油がしっかり効いたトロトロ黄身が抜群に旨いやつ。

OZEKI

サクッと固形物完食のタイミングで、口頭で和え玉をお願いします。
こちらで和え玉を頼むのは久々で、値段を忘れたので尋ねると「1玉130gで150円、小(半玉)だと100円」とのこと。
最近のお店で和え玉頼むと最低でも200円はしますから、これはすごいバーゲンブライス!

OZEKI

つか、いつも小を頼んでいたのも忘れ1玉分を発注したら、ラーメン丼で来るんですね(小だとつけ麺のつけ汁の器になる)!いやぁなかなかの量ですね~。

OZEKI

さてこの和え玉、茹でた麺にタレと油と煮干粉を絡め、ネギと端チャーシューを添えたもの。

OZEKI

油そば的に混ぜて食べてもいいし、替玉同様スープにぶっこんでもいいし、つけ麺スタイルで食してもよい、マルチな存在。
しかしこの細麺に煮干粉とタレが絡むと。。うん、抜群の旨さですな!
さらにこの日は、たまたま限定でやっていたイベリコ豚のハラミも一切れいただいちゃいました。ホロホロで旨いね!

OZEKI

ということで、大満足でごちそうさま。

「いづる」との食べ比べということで久々に食べた煮干そば、本家もやっぱり旨かったってのと、やっぱり歳って出るのかな?いずるの煮干はギラっとした圧のある味わいだったけど、こちらはさすがの貫禄というか、落ち着いた味わいな気がしました。
こりゃ他のレギュラーも定期的に食ってみないといかんなぁ。。。次回は名作「中華そば」いただいてみますかね。

--

おおぜき中華そば店 恵比寿店


関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2559-3adf349e

<< topページへこのページの先頭へ >>