太い麺の塩そば(850円)@池袋・桑ばら

2017-03-12
今日のランチは池袋
病院の待ち時間を利用した外出なので、あまり時間をかけていられなく。。こんな時はラーメンですな。
相方のリクエストは「さっぱり系、塩かな?」と。「鬼金棒」という俺の選択肢は儚く消えましたw

このあたりで塩ならまるきゅう、いや「桑ばら」でしょう、とハンズ裏の路地へ。
休日12:55到着。店内満席、外待ち1。後客続々。
久々に来たけど、これだけの激戦区で常に外待ちの人気をキープしてるのはすごいですね!

KUWABARAKUWABARA

回転は早いはずなので、食券を買って待機しましょう。
塩は既食なので、塩煮干かなぁ。。ん?「太い麺の塩そば」なんてのがありますね。。それも食べたこと無いかも。んじゃそれで。

数分で席が空き着席。
食券を出し、4分ほどで着丼です。

KUWABARA

ほぉ。。相変わらずクリアなスープですね。上にはキレイな液体油の玉が。
その上にはドーンと大きめのチャーシュー、ネギ、メンマに海苔。
海苔の上には魚粉?と思いきや。。これはホタテパウダーですかね?

KUWABARA

ではスープを一口。
うん、塩というと、いろんな旨味を重ねるお店も多いですが、こちらのは比較的シンプルで直球、キレのある塩スープ。
ベースは生姜の効いた鶏出汁。んでタレに乾物的な旨味をギュッと仕込んでるっぽい印象。
熱々のうちは鶏主体のスッキリした味わいですが、全体が混ざり徐々に冷めてくると貝っぽい旨味がじんわり感じられます。温度が変わると味わいも変わって面白いですね。
サラリとした食感ですが、表面の液体油(豚油?)のおかげで口当たりもしっかり。塩気はビシッとしょっぱめ。この透明感とエッジの強さ、かなり好き。

KUWABARA

麺はプリッとした高加水の平打太麺。食べ応えしっかりでいい感じ。
ここのクリアで粘度の低い塩スープに合うのかな?と思ったけど、油とタレを多めにしてるのか、バランスは意外に悪くないです。

チャーシューは大きめのバラ煮豚の片面をカリカリに炙ったもの。
見た目的には、大阪の「人類みな麺類」とか「一日一麺+」あたりの雰囲気と似てますね。

KUWABARA

箸でホロッと崩れ、臭みもない豚は、炙りの香ばしさもあってなかなかインパクトあります。
デフォの塩そばにこれはちょっと個性強すぎ感があったけど、このメニューには合いますね。
メンマはジャキッと繊維感が強いもので、味わいはオーソドックスな感じ。
ネギは青い部分が忘れ物のように浮かんでいますw

ということで、しっかりお腹いっぱいになってごちそうさま。
デフォの淡麗な雰囲気をベースに全体的に骨太にしたような変化球ですが、しっかりバランス良くまとまっており、こっちも結構好きかも?
久々に油そばも食べたいなぁ。。またお世話になります。

--

桑ばら


関連ランキング:ラーメン | 東池袋駅池袋駅東池袋四丁目駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2555-ef7666db

<< topページへこのページの先頭へ >>