ajitoのまぜそば(800円)+〆のリゾット(200円)@大井町・ajito ism

2017-03-03
今日のランチは大井町
当然向かうのはいつもの小路へ。。。

平日12:50到着。店内は満席で店内待ち。後客続々。
おっと、今日のイレギュラーは珍しく「ajitoのまぜそば」!
旧店舗では「まZ」として出されていた、「ajitoのつけめん」をまぜそば化した変化球メニューですな。
シェフと奥様に挨拶し着席。イレギュラーお願いします。

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ。。ajitoの汁なしは見た目がスタイリッシュなのが多いですが、こいつはちょい「J系?台湾?」とも感じられるワイルドなルックス。

ajito ism

なんでかな?と考えてみると、おそらく中央に卵黄、周りに野菜や豚が整然と並んでいるからですかね?
ただ、具にクレソンの茎やバラ海苔、紫タマネギなんかが配置されているのは、いかにもajitoなセンスです。

ajito ism

では、ざっくり混ぜつつ一口。
・・・うん、間違いないw

ajito ism

ajitoのベーススープ。。シェフ以外誰もその詳細レシピを知らないですが、トマト、ニンニク、根菜系を中心としたベジスープに豚油と魚介出汁をブレンドした、独自のドロリとしたソースです。

ajito ism

ここに旨味・甘味の強い醤油ダレ、さらにチーズ(!)がブレンドされ、ここ独自の味わいに。
基本的には、魚介先行で醤油とチーズの風味が後を追うような、和洋折衷な味わいかな。
この手のまぜそばって、どのお店がやっても結局は油そばの延長的な感じになってしまい、どれもなんとなく味が似てきちゃうってのはありますが、さすが大井町の巨匠!この味わいは他に例えられないオンリーワンです。

ajito ism

麺は菅野製麺製の角断面極太ストレート。
あつもりでの提供となり、モチモチの食感がいい感じ。ソースとの絡みもばっちりです。

ソースの塩気は結構強めですが、麺がしっかりしてるのでちょうどいいバランス。
また、キャベツやネギ、クレソンの葉等青物がたっぷり入ってるのもあって、雰囲気的にはかなりヘルシーな感じがしますね。
それぞれのシャキッとした食感もしっかり生きており、いやぁ、こりゃ食べ飽きないなぁ。

ajito ism

ajito豚はバラ煮豚を厚切りにカットしたものが2枚。
シットリした食感で味付けはほぼナチュラル。ソースの味わいに合わせ如何ようにでもパフォーマンスしてくれる感じです。

あっという間に固形物完食。丼を上げてリゾットお願いします。

ajito ism

リゾットは、残ったソースに白飯、半熟玉子にとろけるチーズやネギを入れたもの。

ajito ism

米が入るとちょっと「和」感が出てくるというか、チーズが入ったにも関わらず魚介の香りもバランスよく立ち上がり実に旨い。ザクザク食べて、大満足でごちそうさま。

ajito ism

いやぁ、相当久々に食べた「まZ」ですが、旧店舗で食べた時はニンニクと脂のツートップで引っ張る超ワイルドな感じだったので、かなり雰囲気が変わった感。
あの頃の尖りはなくなりましたが、それはお店やシェフの醸し出す雰囲気も同じかな?w

うん、しっかり今のajitoの良さが反映された、ヘルシーで食べやすい一杯でしたね。
イレギュラーではなかなかお目にかかれないメニューですが、もっと頻繁に食べたいかも?

ちなみにajito、4月からは土日が休みになるようです(現在は木日休み)。
最近の週末は常に大変な行列だそうで、それもやむなし、って感じかなぁ。
週末にしか来れない方は、3月のうちに来ておくのが吉かも。

--

アジトイズム


関連ランキング:つけ麺 | 大井町駅下神明駅西大井駅



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2546-549f4706

<< topページへこのページの先頭へ >>